DAZNの登録方法・手順をサクッと解説!メリット・デメリットを簡単確認!

サッカー、野球、ラグビー、バスケットボール、テニス・・・あらゆる世界中のスポーツがライブで観られる、スポーツ好きには夢のような定額制動画配信サービス(サブスクリプションサービス)「DAZN」。

「DAZN」と書いて、ダ・ゾーンと呼びます。

映画やドラマなどを見放題で楽しめる動画サブスクリプションサービスは戦国時代を迎えていますが、スポーツ観戦に特化したサブスクリプションは、日本ではDAZNが唯一無二の存在です。

ここでは、「DAZN」の特徴やメリット、デメリットについてまとめています。

DAZNとは?

DAZN(ダ・ゾーン)はイギリスを拠点のパフォーム・グループ(現DAZNグループ)が立ち上げた、スポーツ観戦に特化した動画配信サービスです。

日本でもサービス開始は2016年8月からで、今では世界20か国以上でサービス展開をする予定になっています。

また、サブスクリプションサービス「DAZN」以外にも、サッカー情報サイトの「Goal.com」やスポーツニュースサイトの「スポーティングニュース」、スポーツ動画広告ネットワークの「DAZN Player」などスポーツ事業の多角化を図っています。

日本でのサービス開始当初は、まだサブスクリプションサービスが浸透していないこともあり、加入者の伸びが思わしくなく、苦戦を強いられたいましたが、ビックニュースとなったのは、Jリーグの放映権をDAZNが10年2,100億円というはかくの契約金で取得。

これによりJリーグは、J1だけでなくJ2、J3とJリーグ全カテゴリがライブ配信されるようになり、他にもサッカーならスペインラ・リーガやイングランドプレミアリーグなどの海外リーグや、UEFAチャンピオンズリーグや南米選手権のような国際大会、

野球も日本のプロ野球(NBP)やアメリカのメジャーリーグ(MLB)、WTA(女子テニス)ツアー、ゴルフ、格闘技、ラグビー、ダーツなど世界中のあらゆるスポーツをライブやハイライトで観戦できるスポーツサブスクリプションサービスとなり、日本での加入数はのべ1,200万人を超えるまでになっています。

DAZNの無料期間は?

DAZNは初回の登録に限り、1か月間無料でDAZNが配信されている動画を見放題で楽しめます。

つまり、1月1日に契約をした場合は、1月31日までは無料で観られる(2月1日から有料契約が始める)ということになります。

(※キャンペーン中期間で2か月間無料の場合もあり)。

1か月の無料期間中はもちろん、(その通り)無料ですが、それ以降は月額1,750円(税抜き)となっています。

また、ドコモユーザーは、DAZN for docomoというサービスがあり、月額980円で契約ができます。(※DAZNとDAZN for docomoのサービス内容は同一です)

DAZNの登録方法

①DAZNのトップページ(https://watch.dazn.com/ja-JP/sports-B/)へ

パソコンでの登録の場合は、➁からスタートになります。

➁【まずは、1か月お試し¥0】をクリックします

画面中央部にある(黄色の)【まずは、1か月お試し¥0】をクリックしてください。

ドコモユーザーは、画面下部にある【ドコモユーザーはこちら【今すぐ登録】】をクリックしてください。

③アカウント登録をします

アカウント登録のため、氏名など入力事項を記入してください。

ドコモユーザーの方は、dアカウントとパスワードを入力してログインをしてください。(氏名などの記入が省けます(ドコモに登録してある情報がそのまま出ます)

④支払い方法を選んでください

DAZNの登録は、

  • クレジットカード払い(デビットカードも可)
  • PayPal払い
  • キャリア払い(ドコモのみ)
  • コード払い

が可能です。無料期間中に解約をすれば、支払い方法を選んでいても料金はかかりません。

具体的には、クレジットカード(デビットカード)のブランドは、VISA、マスターカード、JCB、Americanexpress)。

コード払いは、コンビニに設置しているマルチメディア端末を操作して購入する「DAZNチケット」と、各Jリーグチームなどが販売している「DAZN年間パス」などがあります。

他にも、Amazon fire TVなどDAZNアプリからの登録で、AppleIDにて登録し、そのApple IDにiTunesギフトカードでチャージする形で、iTunesギフトカードでも支払いが可能になります(この場合、料金は月額1,900円(税抜き)になります)。

DAZN for docomoの場合は、ドコモ払い(ドコモの使用料と合算されて請求がくる)も選択肢に出てきます。

なお、開始時期は未定ながら今度auやSoftbankのキャリア決済にも対応予定です。

⑤登録完了、確認をしてください

ここまででDAZNの登録が完了です。

無料視聴期間終了日が記載されていますので、メモに残しておくなど、(無料解約を考えている人は)期日が過ぎないように気を付けてください。1日でも過ぎてしまうと、1か月分の月額料金がかかります。

その他、支払い方法、月額料金(税込価格になっています)も表示されますので確認してください。

⑥DAZNアプリをダウンロードします

スマホやテレビデバイスでのDAZNの視聴の場合は、DAZNアプリのダウンロードが必要です。

DAZNアプリ(iPhoneなどiOSの方)

DAZNアプリ(Androidの方)

なお、パソコンでの視聴の場合は、アプリなしでこのままDAZNサイトから視聴ができるようになっています。

⑦好きなスポーツコンテンツを好きなだけ楽しんでください

現在放送中のライブ生配信しているスポーツ中継をはじめ、ハイライト(ダイジェスト)放送(※基本は1週間、注目試合の場合1か月くらいの場合もあり)やスポーツにまつわるアニメや映画などもあります。

これらが好きなだけ見放題ですので、好きなものを好きなだけ観戦可能です。

世界中であらゆるスポーツ大会が開催されているので、24時間スポーツ観戦三昧ができるといっても過言ではありません。

DAZNのメリット・デメリット

DAZNのメリット

サッカー、野球、ラグビー、バスケットボール・・・あらゆるスポーツライブに対応

スポーツサブスクリプションサービスでは唯一無二のDAZN。

  • サッカー
  • 野球
  • ラグビー
  • バスケットボール
  • テニス
  • 格闘技
  • ダーツ
  • アメリカンフットボール

などなど世界中のスポーツコンテンツをライブ観戦やハイライト(ダイジェスト)観戦でいつでも好きな時に観ることができます。

他より安価でスポーツ観戦三昧が可能

サブスクリプションサービスでは他にはないものの、BSやCSではWOWOW(月額2,300円)、スカパー(スポーツセレクション)(月額2,700円)と比較しても、DAZNの1,750円と安価で楽しめます。

DAZNでしか観られないコンテンツが多い

Jリーグ全試合配信をはじめ、特にサッカーは充実。スペインラ・リーガやイングランドプレミアリーグなどDAZNでしか配信していない試合も多いです。

また、サッカー南米選手権やラグビーワールドカップ(ハイライトのみ)など国際試合の放映権も多く獲得し始めており、今後もDAZNオンリーが増えていくことが予想されます。

見逃し配信、ハイライト配信がある

基本は1週間、注目試合なら1か月以上、フルタイムで観戦ができる「見逃し配信」や、忙しい時などに便利な「ハイライト配信」があり、自分の好きなタイミングでスポーツ観戦を楽しめます。

忙しい時や、時差がある外国の試合を観るときに便利です。

ドコモユーザーはお得な価格で契約ができる

ドコモユーザーは、サービスそのままのDAZN for docomoの加入ができ、月額1,750円のところを月額980円で見放題サービスが楽しめます。

また、映画・ドラマなどの動画サブスクリプションサービスであるdTVとセット申し込みをすると、2つで1,480円(通常はDAZN980円、dTV500円)で見放題となります。

なお、今後、auやSoftbankといったドコモ以外のキャリア決済にも対応予定です。(開始時期は未定)

2台まで同時視聴が可能、登録は6台まで

スマホとパソコン、スマホとテレビデバイスなど2台まで同時視聴が可能です。

また、登録できるデバイスは最大6台までできます。

テレビデバイスでは、Amazon Fire StickTV、Chromecast、AppleTV、スマートテレビ、Xbox、ひかりTNチューナーに対応しています。これらならテレビなどの大画面でDAZNが楽しめます。

DAZNのデメリット

よくクルクルを起こしてしまう

初期に比べるとかなり減ったものの、注目試合などの閲覧数が多い場合などに、回線が立て込んでしまい、クルクル(回線不備で動かなくなる)現状が起きてしまいます。

録画ができない

見逃し配信などはできるものの、自分で録画しておいて後で観るなど録画視聴はできません。

画質が良くない

2019年からJリーグで順次4K配信を開始していますが、まだ多くのスポーツコンテンツが1080pの画質でもYouTubeなど他の動画サービスに比べても劣るクチコミが多く、画質はあまり期待できません。

☆DAZNは1ヶ月間無料お試し実施中!☆

まとめ

今回はDAZNについて

  • DAZNとは?
  • DAZNの登録手順
  • DAZNのメリット・デメリット

について分かりやすく徹底解説させて頂きました。

特に国際大会は、ヨーロッパやアメリカなど世界中で開催されるため、時差の問題もあり、なかなか観ることができないことも多いですよね。

そんな時にはDAZNの見逃し配信やハイライト配信が便利ですし、DAZNに加入すれば、月額1,000円ちょっとで、世界中のスポーツが手中に収めるといっても言い過ぎではないくらいスポーツ観戦三昧ができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です