スカーレット 6話のネタバレ!川原家に借金取りが…あらすじ・視聴率まとめ

朝の連続テレビ小説「スカーレット」6回目が10月5日(土)に放送されました。

照子からのラブレターを信作に渡す喜美子…家に戻ると借金の取り立てに男が居座っている…

ここでは、朝ドラ「スカーレット」5回目のストーリーネタバレのほか、あらすじや視聴者からの感想なども交えてお伝えします。

また、スカーレット6回目を見逃してしまった方には、見逃し視聴の方法もこっそりとお教えしていますのでチェックしてみてください。

ご注意ください

以下では、スカーレット6回目のネタバレを含みます。

ストーリーを知りたくない方はネタバレより先の情報からご覧くださいますようお願いします。

朝ドラ「スカーレット」6回目のネタバレ(10月5日(金)O.A)

スカーレット6回目のネタバレ

草間は書き置きを残して出ていってしまった。喜美子はその事に衝撃を受け、一粒の涙を流すのだった。
信楽に来てから初めての冬がきた。喜美子の家にもやっと水や電気が引かれ、まともな暮らしが出来るようになってきた。

父親の常治によって風呂釜も作られ、風呂を沸かす当番は喜美子になった。初めのうちこそ薪をくべる量やタイミングが分からずに、熱すぎる湯にもなったりしたが今では玄人顔負けに上手くなった。

そんな中、常治はまた用事で出掛けなくてはならなくなった。出かける間際に妻のマツにお金をせびる。どうやらラジオを買ってしまったようだ。

「今時、ラジオくらいなくてどうする!?」と言われて、結局マツはラジオ代を常治に渡す。入ったばかりのお金も羽が生えるように出ていくと、愚痴るマツだった。

家を出て直ぐに常治は向こうから、二人の厳つい男がやって来るのを見つけ、被っていた帽子を目深に被った。借金取りが大阪からやって来たのだと常治は勘づいたのだ!

すると、常治は「あんた川原さんか?」と男に声をかけられた。常治は機転を効かせ、「その川原やったら今向こうに出て行ったで!早く行かんとおらんくなるで!」と嘘をついてだますのだった。難なく騙せたと思い、急ぎ足で常治は出掛けていく。

しかし騙されたと解った借金取りは喜美子の家にやって来て、常治が帰ってくるまで待たせてもらうと言って居座ってしまうのだった!

朝ドラ「スカーレット」6回目の視聴率

視聴率

『スカーレット』6話の視聴率の発表はまだありません。

今しばらくお待ちください。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム情報となります)

スカーレットの見逃し配信を視聴する方法

朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画はこちらからご覧いただけます。

登録・解約方法をしっかりと確認してからご登録をお願いします。

朝の連続テレビ小説「スカーレット」の無料視聴はこちらから
〜U-NEXT(NHKオンデマンド)公式サイトへ移動します〜

 

☆U-NEXTは初めて登録される方であれば31日間無料お試し利用ができます☆
☆無料期間内に解約をすれば料金は発生しません☆
☆最新の配信状況をお確かめください☆

 

無料登録手順・解約方法はこちらから(Click Here)
放送情報
2019年9月30日(月)~2020年3月28日(土)
[NHK総合]月〜土 前8:00 他 <全150回>

朝ドラ「スカーレット」6回目のあらすじをチェック

あらすじ

信楽に来て初めての冬、水道も電気もなかった川原家に待望の電気が通り、更に父が仕事の合間に新しいお風呂を作った。お風呂の温度調節は喜美子の役目で、炎の大きさを確認しながら温度を見極め、適切な量の焚き木をくべる。最初の頃は加減がわからず失敗して、熱くなり過ぎ父に叱られたが、今では温度調節は玄人並みになった。

学校の理科の授業で学んだ知識を生かし、庭を耕して小さな畑を作り、大根、さつまいも、じゃがいもなどを収穫できるように。畑の世話も喜美子の役目である。

毎週のように家に招かれ、勉強を教わり、照子のおかげで読み書きできるようになった喜美子は、見返りに晋作を呼び出す手伝いをさせられる。

待ち合わせ場所はお墓。戦争で亡くなった照子の兄の墓地があった。晋作に、辛いからもうこんなことはやめてくれと照子に伝えるよう言われた喜美子だが、晋作は帰ったとだけ伝えると、照子に、兄の誕生日だから挨拶してってと言われ、二人で兄の墓地に手をあわせた。

家に帰ると、母にお客さんが来たからお風呂を焚いてと頼まれる。そのお客とは大阪から来た父の借金取りだった。

震える思いでお風呂に焚き木をくべながら、「どないしよう」喜美子は懸命に考えた。その頃、信楽に向かっている人がいた。

 朝ドラ「スカーレット」6回目の感想

スカーレットの6回目をご覧いなった視聴のリアルな感想です。

みなさんはストーリーをどう感じ・どう受け止めたのでしょうか?!

まさか大阪から信楽までやって来るとは!

やっとまともな暮らしが出きるようになってきた喜美子たち家族にホッとしたのも束の間。お酒が大好きな常治はついついお金をお酒に使ってしまったり、今時ラジオくらいなくてどうする!?と言ってお金を無駄遣いしたりと考えなしで、マツの気苦労がたえないなぁと思いました。

さらに借金取りが大阪からやって来たことに気づいたのに常治は、借金取りを騙しきれたと思ったのかサッサと喜美子たちを置いて行ってしまうところ、酷い!と思いました。

ここまで常治を追ってやって来ているのだし、家も分かっているのだから、このあと喜美子たちがどんな目に合うのかくらい想像がつきそうです!

なのに自分だけ借金取りから逃げて行ってしまうところ、とんでもない父親だなぁと思いました。

案の定、借金取りは常治が帰ってくるまで居座ると言い出して、さらにマツの気苦労が増えると思うと可哀想で仕方ないなぁと思いました。

信楽に来て初めての冬

父が仕事の合間に作ったお風呂。温度調節は喜美子の役目で、炎の大きさを確認しながら温度を見極め、適切な量の焚き木をくべる。最初の頃は加減がわからず熱くなり過ぎて父に叱られたが、今では玄人並みになった。

昔の子供はこうやって家事を手伝いながら、知恵を学んでいったんですね。

庭を耕して小さな畑を作り、野菜を収穫できるようになり、畑の管理も喜美子の仕事。貧乏とはいえ、本当によく働く長女ですね。

もう少し直子に手伝わせてもいい気がしますが、直子は妹の百合子と遊んであげていますからワガママな性格もありますし、それくらいがお手伝いの限界なんでしょうね。

照子のおかげで読み書きができるようになり、晋作を好きな照子の恋の手伝いをさせられることになった喜美子。喜美子の気の強さからは貧乏じゃなく学もあったなら、照子のことは相手にもしないことが想像でき、友達が少なかったかもしれませんね。今後も喜美子の人生に登場してきそうな感もあり、貧乏も悪くないですね。

大阪から来た借金取り、喜美子はどうやって追い返すのでしょうか?その頃、草間らしき人物が信楽に向かっているので、二人で協力して追い返すのでしょうか?どんな展開になるか楽しみです。

まとめ

朝の連続テレビ小説「スカーレット」6回目のネタバレ・あらすじまとめでした。

次回も楽しみなストーリーとなりそうですね。

次回のネタバレもお楽しみに。

 

▼スカーレットの見逃し配信はこちらからどうぞ▼
スカーレット 動画配信無料視聴!ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!【1話〜全話】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です