ビデオパスの登録方法・手順をサクッと解説!メリット・デメリットも簡単確認!

KDDIが運営している定額制動画配信サービス(サブスクリプション)が「ビデオパス」です。

始めは、auユーザーのみだったサービスが、今では他キャリアなどauユーザー以外でも登録が可能となり、多くの人が使えるようになりました。

現在、日本におけるサブスクリプションサービスはまさに戦国時代。数あるサービスのなかで、「ビデオパス」の特徴やメリット、デメリットについてまとめていこうと思います。

ビデオパスとは?

 

ビデオパスとは、auが運営している定額制動画配信サービスです。

もともとは、auビデオパスという名称だったことからも分かる通り、auユーザーのみ登録が可能でしたが、今では他キャリアなどauユーザー以外でも登録、使用ができるようになりました。(要auID(無料)、要クレジットカード)

常時無料で楽しめる【無料作品プラン】と、国内外の映画やドラマ、アニメなど約10000本の動画が見放題で、月額520円(税抜き)で楽しめる【見放題プラン】があります。

見放題プランでは、毎月付与されるビデオコイン(540円相当)で最新レンタル作品も楽しめるため、実質無料で1本は最新作も観ることができます。

ビデオパス無料期間は?

無料作品プラン

ビデオパスの無料作品プランは常時無料、登録も必要ありません。ただし、観ることができる動画はかなり制限があります。

無料作品プランを見るためには、「ビデオパス」アプリをダウンロードするだけです。

iPhoneなどiOSでの「ビデオパス」アプリダウンロードはこちら

Androidの「ビデオパス」アプリダウンロードはこちら

「ビデオアプリ」ダウンロードできたら、最下段右にある「無料おためし」アイコンをタップして、無料で見ることができる動画から選んで楽しんでください。

見放題プラン

ビデオパス見放題プランの無料期間は初回加入時30日間無料で楽しめます。

見放題プランの登録方法

①ビデオパスサイトのトップページにいってください

スマホ、PCともに共通です。(https://www.videopass.jp/

また、最初からビデオアプリをダウンロードして、最下部左にある【見放題】をクリックしても登録可能です。

➁トップページ右上にある【無料おためし】をクリックしてください

パソコンで閲覧の場合、この画面から【無料おためし】に進んでも、無料動画は閲覧可能です。

③新規登録を行います(※既にauIDを持っている人は⑥まで進んでください)

auユーザーや既に他のauサービスを利用していてauIDを持っている人は【auIDでログイン】※住所氏名などの入力が省けますを、

auIDを持っていない人は【au IDを新規登録】をそれぞれクリックしてください。

④登録したメールアドレスに確認メールが届きます

 

メールが届いたら、ビデオパス登録のサイトに戻り、メールに記載されている確認コード(数字6桁)を入力してください(2段階認証)。

もし、10分くらい待ってもメールが届いていない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられます。まだ、未登録中なので、新たに新規登録をやり直してください。

⑤パスワードの設定などを入力

登録したメールアドレスに届いた認証番号を入力すると、次はパスワードの設定、生年月日、性別の入力となります。

パスワードはログインの際や解約の際にも必要になりますので、メモを取っておくなどしっかりわかるようにしておきましょう。

パスワードの安全度は【低】だと危険性が高いので、【中】以上、できれば【大】がベターです。これでauID登録が完了です。

⑥ビデオパスアプリをダウンロード

⑦ビデオパスサイトトップページに戻り、auIDでログイン

ビデオパスサイトトップページ(https://www.videopass.jp/)に戻り、画面右上にある→ボタンをクリックします。

ログイン画面に移行するので、上記で登録したログイン(メールアドレス)とパスワードを入力してログインしてください。

⑧見放題プランの加入手続きを行います。

 

まず、画面中央にある【規約に同意して加入】をクリックします。利用企画は、すぐ得宇野【利用規約】をクリックすれば見ることができます。

 

⑨同意後、氏名などの個人情報を入力

氏名、住所などの個人情報を入力します。auID登録の際に入力した生年月日や性別などは事前に入力されています。

⑩支払い情報を登録

支払い方法ですが、

  • auかんたん払い(auのスマホ代などと合算で請求)
  • クレジットカード払い

の2通りあります。auユーザー以外は、クレジットカード登録一択です。ここで、登録方法を選ぶ、クレジットカードの場合は、番号などのクレジットカード登録情報を入力して、【登録する】をクリックしたら登録完了です。

⑪ビデオパスアプリに戻り、見放題プランでも好きな動画を観てください

登録は⑩までで完了していますので、あとは観たい番組をクリックして、好きなだけ見放題でお楽しみください。

ビデオパスのメリット・デメリット

ビデオパスのメリット

ダウンロード再生ができる

ネット環境のもとで、観たい動画をダウンロードしておいて、たとえ圏外の場所でも視聴が可能になるダウンロード再生に対応しており、好きな時に、いつでもどこでも動画視聴を楽しめます。

毎月540円分ポイント付与

毎月540円分のコインが付与されます。だいたいレンタル作品(新作映画)も300円前後なので、毎月1~2本は実質無料で観ることができます。

ほぼ月額料金分がコインでもらえるので、毎月コインを消費すれば、実質月額料金分をペイできます。

映画館が割引になる

ビデオパスに登録していると、ユナイテッドシネマが毎日400円引き、月曜日に限りTOHOシネマの映画代が700円引きと映画料金を割引で鑑賞できるようになります。

月額料金が安い

月額料金1000円以上の動画サブスクリプションが多いなかで、ビデオパスは520円(税抜き)と安価な点は魅力的です。

ビデオパスのデメリット

同時視聴はできない

スマホとパソコンなど、同時に視聴することはできません。

ポイントは翌々月までは持ち越せない

毎月もらえるポイント(540円分)は翌月までは繰り越せますが、翌々月になると、ポイントを持ち越すことができなく消滅してしまいます。

翌々月になる前にポイントを使い切った方がお得です。

新作にあまり強くない

他の動画サブスクリプションに比べると、やや新作の配信のタイミングが遅いです。

他では今年上映したような最新映画も配信されているのに対して、月額料金が安く、配信作品数が約10000本と比較的少ないのもあり、なかなか最新に対応できていません。

レンタルはウェブ版にアクセスしないといけない

追加で購入できるレンタル作品は、アプリでは観ることができなく、一度ウェブに行ってアクセスをする必要があります。

日頃スマホ視聴などでアプリで動画を観ている人は、レンタル作品を観たい場合は二度手間になってしまいますね。

☆ビデオパスは30日間無料お試し実施中!☆

まとめ

今回はビデオパスについて

  • ビデオパスとは?
  • ビデオパスの登録手順
  • ビデオパスのメリット・デメリット

について分かりやすく徹底解説させて頂きました。

ビデオパスは、他の動画サブスクリプションと比べても、月額520円と安価なので、まずお試しでサブスクリプションを体験してみたい人にも良いでしょうね。

スマホ代と合算して支払えるauユーザーはもちろん、無料おためし体験で観たい動画が多かったら、auユーザー以外にもお得に動画見放題が楽しめるのではないでしょうか。

ドラマ・映画を無料で楽しむ!おすすめVODランキング

ビデオパス
テレビ朝日系列のドラマの配信なら「ビデオパス」です。

テレビ朝日系列の番組に強く、且つ、東映にもパイプを持つため仮面ライダーや戦隊シリーズの見逃し配信はVODの中でもビデオパスが独占状態。

30日間無料のお試し期間と継続利用でも月額562円は、他の追随を許さないコストパフォーマンス。

国内ドラマ・韓流ドラマも続々配信中です。

月額利用料金562円(税抜き)
無料期間/無料ポイント30日間/540pt
おすすめ特典テレビ朝日系ドラマ最新話無料視聴・コスパ
見放題作品も続々配信中のビデオパス。

テレビ朝日系列のドラマの最新話も無料で視聴できるので、幅広く動画ジャンルをカバーしたい方におすすめです。

Amazon FireTV、Chromecastにも対応していますので、ご家庭のテレビでも視聴が可能です。

ビデオパスの無料視聴はこちら

FOD

フジテレビ系列のドラマの配信なら「 FOD」です。

フジテレビ系列の番組に強く、ドラマ作品は多くの独占作品を配信しています。

電子書籍は100冊以上が読み放題となっており、動画以外のコンテンツも充実です。

1ヶ月間無料のお試し期間と登録初月から1300ポイントがもらえます。

サービスの充実度は現在のところ業界トップといえるかもしれません。

月額利用料金888円(税抜き)
無料期間/無料ポイント1ヶ月/1300pt
おすすめ特典フジテレビ系ドラマ最新話無料視聴・電子書籍見放題あり

フジテレビ系列のドラマは独占配信作品も多数あります。

スポーツ・バラエティーなど多数ジャンルを配信しています。

追加料金を支払うとFOD専門チャンネルの視聴も可能です。

FODの無料視聴はこちら

U-NEXT
動画配信数は業界最大級。

動画配信ジャンルも多岐に渡っており、中でも NHKドラマの見逃し配信は人気の動画。

そして、最大の特徴は電子書籍も同時に楽しむことができるところ。

単一のアプリで動画も漫画も楽しめるので、スマホでの操作性が抜群にいいです。

電子書籍が楽しめる分、月額利用料金は少し高めですが、通勤通学にとても便利なVODとなっています。

月額利用料金1990円(税抜き)
無料期間/無料ポイント31日間/600pt
おすすめ特典電子書籍見放題あり・動画配信多数
継続利用をすると翌月は1200ポイントが貰える特典もあります。

ポイントは最新の映画の視聴や有料電子書籍の購入にも使えます。

Amazon FireTV、Chromecastにも対応していますので、ご家庭のテレビでも視聴が可能です。

4デバイスまで同時視聴が可能となっているでの、ご家族での利用がおすすめです。

U-NEXTの無料視聴はこちら

Hulu
追加料金なし。定額見放題、と言えばお馴染みのHuluです。

日本テレビ系列のテレビドラマの最終回からのスポンオフ作品を配信して、一気に知名度をあげました。

日本ではいち早くVODサービスを展開し、老舗とも言える存在ですね。

無料ポイントや無料お試しの期間が少し短いです。

見たい動画をピンポイントで視聴するのがおすすめの利用方法です。

月額利用料金933円(税抜き)
無料期間/無料ポイント2週間/なし
おすすめ特典定額見放題あり・ジャイアンツ戦配信

日本テレビ系列のドラマや海外ドラマに強いHulu。

独占配信のドラマも多数配信しているので、ドラマ好きの方にはおすすめです。

定額制なので、最新動画の配信数はやや少なめです。

Huluの無料視聴はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です