スカーレット 11話のネタバレ!喜美子は大阪へ行ってしまうのか?【あらすじ・視聴率まとめ】

朝の連続テレビ小説「スカーレット」11話が10月11日(金)に放送されました。

ここでは、朝ドラ「スカーレット」11話のストーリーネタバレのほか、あらすじや視聴者からの感想なども交えてお伝えします。

また、スカーレット11話を見逃してしまった方には、見逃し視聴の方法もこっそりとお教えしていますのでチェックしてみてください。

ご注意ください

以下では、スカーレット11話のネタバレを含みます。

ストーリーを知りたくない方はネタバレより先の情報からご覧くださいますようお願いします。

朝ドラ「スカーレット」11話のネタバレ(10月11日(金)O.A)

スカーレット11話のネタバレ
昭和28年、喜美子は15歳になった。
喜美子は、照子の父親が経営する丸熊陶業で春から働くことが決まっている。事務所に通された喜美子は、社長の秀男から「就職の話はなかったことにしてほしい」と頼まれた。女性には厳しい世界で、男性ばかりの職場に15歳の喜美子を受け入れることはできないと、社員から声が上がったのだ。

頭を下げる秀男に、何も言えない喜美子。

その夜、マツが丸熊陶業はどうだったか尋ねる。そこへ信作の母がやってきて、喜美子のために就職祝いの服を作ってくれると言うのだ。「就職おめでとう」と言われる喜美子。喜美子はたまらなくなり泣いてしまう。

その頃、居酒屋にいた常治は、陶工から喜美子の就職の話はなくなったと聞かされていた。その日から常治はしばらく出かけて帰ってこない。

その後、改めて就職がなくなったことを家まできて秀男が報告し、お詫びの品にお米や酒をおいて行ってくれた。

照子は申し訳なく思い、喜美子に会いに来て自分がもう一度秀男たちにかけあってみると言ってくれた。

それから数日後、常治が帰ってきた。働き口を見つけて帰ってきた常治ですが、喜美子の就職先は大阪にあり、信楽から離れて一人大阪で働くことになる喜美子だった。

朝ドラ「スカーレット」11話の視聴率

視聴率

『スカーレット』11話の視聴率の発表はまだありません。

今しばらくお待ちください。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム情報となります)

スカーレットの見逃し配信を視聴する方法

朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画はこちらからご覧いただけます。

登録・解約方法をしっかりと確認してからご登録をお願いします。

朝の連続テレビ小説「スカーレット」の無料視聴はこちらから
〜U-NEXT(NHKオンデマンド)公式サイトへ移動します〜

 

☆U-NEXTは初めて登録される方であれば31日間無料お試し利用ができます☆
☆無料期間内に解約をすれば料金は発生しません☆
☆最新の配信状況をお確かめください☆

 

無料登録手順・解約方法はこちらから(Click Here)
放送情報
2019年9月30日(月)~2020年3月28日(土)
[NHK総合]月〜土 前8:00 他 <全150回>

 朝ドラ「スカーレット」11話の感想

スカーレットの11話をご覧いなった視聴のリアルな感想です。

みなさんはストーリーをどう感じ・どう受け止めたのでしょうか?!

喜美ちゃんの決断はどうなのか?

15歳になった喜美ちゃんが照ちゃんの家である陶芸会社に就職することが決まっていたにも関わらず、15歳という年齢と男社会であることから就職の話が白紙になってしまい、喜ぶ家族に言い出せず、一人で不安を抱え込む喜美ちゃんがとても切なく感じました。

落ち込む喜美ちゃんのもとに訪れた照ちゃんに対し、謝りに来なくていいという言葉を投げかけますが、説得するから待ってほしいと言う照ちゃんがおり、誰よりも喜美ちゃんを心配し力になろうとしているようにみえ、照ちゃんの心遣いに友情を感じました。

その後、喜美ちゃんに就職先を探してきたと父親が告げますが、渡された封書に書かれた大阪という文字を目にして喜びから一気に不安な表情になる喜美ちゃんがおり、稼ぎ頭として頼っているのは分かりますが、なぜ相談もなく決めてしまうのかと父親に対して苛立ちを感じました。

15歳というまだまだ子供の喜美ちゃんが、知り合いもいない大阪に一人で行くには不安が大きくはずですが、家族のためにとこれまでも自分の思いを飲み込んできた喜美ちゃんがどういう決断をするのか見逃せないと思いました。

喜美子が不憫すぎて・・・。

喜美子達は15歳になった。それぞれの進路が決まる時期だ。勉強嫌いで進学せずに就職したいと愚痴を言う信作にイラッとした。喜美子にとっては就職することが当たり前で、悩むことすらできないというのに。

それでも一切不満を言わず、明るい喜美子は健気だ。また、卒業間近の段階で内定取消をする照子の父に怒りを感じた。あの時代、男ばかりの中に若い女性が入ることに反発が起きることなんてわかりきっていたと思う。

きちんと社内の調整をしてから内定を出すことはできなかったのか。照子に頼まれ安請け合いをするから、喜美子が余計に傷付くはめになったのではないか。内定取消するなら、取消を伝える時に代わりの会社を用意しておくべきだ。

みんなが喜んでいるから内定取消の事実を伝えられない喜美子が痛々しかったし、常治も喜美子をあてにしすぎでどうかと思った。常治は大阪で就職先を見つけてきたが、喜美子はまた文句も言わずに従うのだろうか。

照子が許さないのではないか。今後の展開が気になる。

まとめ

朝の連続テレビ小説「スカーレット」11話のネタバレ・あらすじまとめでした。

次回も楽しみなストーリーとなりそうですね。

次回のネタバレもお楽しみに。

 

▼スカーレットの見逃し配信はこちらからどうぞ▼
スカーレット 動画配信無料視聴!ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!【1話〜全話】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です