同期のサクラ 3話のネタバレ!【あらすじ・感想・視聴率まとめ】見逃し配信情報も!

ドラマ「同期のサクラ」3話が10月23日(水)に放送されます。

ここでは、ドラマ「同期のサクラ」3話のストーリーネタバレのほか、あらすじや視聴者からの感想なども交えてお伝えします。

また、同期のサクラ 3話を見逃した方には、見逃し視聴の方法もこっそりとお教えしていますのでチェックしてみてください。

ご注意ください

以下では、同期のサクラ 3話のネタバレを含みます。

ストーリーを知りたくない方はネタバレより先の情報からご覧くださいますようお願いします。

ドラマ「同期のサクラ」3話のネタバレ(10月23日(水)O.A)

同期のサクラ 3話のネタバレ

東日本大震災の前日、2011年3月10日。サクラは新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合と協力して各部署で3年目を迎える同期たちに取材をすることに。“ミス広報”ともてはやされ、何事も波風立てずに本音を押し殺して働く百合は、黒川(椎名桔平)やすみれ(相武紗季)の指示でも納得しなければ従えないサクラに呆れつつ、一緒に取材に向かう。

都市開発部で調子良く働く自信満々の葵(新田真剣佑)、一級建築士の資格を取るために終業後も勉強に励んでいるという設計部の蓮太郎(岡山天音)、サクラの影響で営業部での仕事ぶりが一皮剥けた菊夫(竜星涼)と、一通り取材を終えたところで、サクラは優秀だと評判の百合にもインタビューしたいと頼む。

やりがいに満ちた百合のコメントに心を打たれるサクラだが、取材が終わった途端、百合は転職か寿退社した方がマシだと本音を漏らし、男社会のゼネコンにうんざりした様子を見せる。サクラが何か言おうとした時、百合の携帯にクライアントの年輩男性からしつこい食事の誘いメールが届く。取引先を無下にすることもできない百合は、事を荒立てずにセクハラを回避するためサクラに同行を頼む。

その夜サクラは、百合と共にクライアントの待つ高級レストランへ。百合が一人でないことが気に入らない相手だが、サクラはそんな事は気にせず美味しい料理に感動。しかし、百合が席を外した隙に二人きりにして欲しいと頼まれると、忖度なしの発言でクライアントを怒らせてしまう。サクラのせいでクライアントが帰ってしまったと知り憤慨する百合。会社で問題になったらどうするのだとサクラを責める。

イライラしながら実家に帰った百合は、部下とともにカラオケでどんちゃん騒ぎをする成金丸出しの父と、ホステスのように甲斐甲斐しく夫の世話をする母の姿にうんざり。さらに、衝動買いした物で散らかった部屋に着くと、恋人からの返信を急かすメールにうんざり。会社でも家でも自分の居場所を見つけられずにいた。

翌日、3月11日。人事部には広報部長の葦田が百合を連れて押しかけ、サクラが大切なクライアントを怒らせたと黒川を責め立てる。同期をセクハラから守ったと話すサクラだが、本人は辛くなかったと主張する葦田を百合も否定せず……。黒川に促されたサクラが謝ろうとしたその時、大きな揺れが起きて……!

その夜、家に帰れずサクラの家に泊まった百合は、自分と違いまっすぐに夢を追うサクラの生き方を眩しく思いながらも、どこか暑苦しく感じてしまう。女性として生きづらさを感じながら自分の居場所を探し続けてきた百合は、会社から逃げるようにそれほど愛していない彼との結婚を決める……。

公式でみる

ドラマ「同期のサクラ」3話の視聴率

視聴率

『同期のサクラ』3話の視聴率の発表はまだありません。

今しばらくお待ちください。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム情報となります)

同期のサクラ キャスト

高畑充希

橋本愛

新田真剣佑

竜星涼

岡山天音

草川拓弥(超特急)

大野いと

相武紗季

津嘉山正種

椎名桔平

他、

◾️同期のサクラ公式SNS

Twitter

日本テレビのおすすめドラマはこちら

俺の話は長い 動画配信無料視聴【1話〜全話】ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!ニッポンノワール-刑事Yの反乱-動画配信無料視聴!ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!【1話〜全話】チート 詐欺師の皆さんご注意ください 動画配信無料視聴【1話〜全話】ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!

同期のサクラの見逃し配信を視聴する方法

ドラマ「同期のサクラ」の見逃し配信動画はこちらからご覧いただけます。

登録・解約方法をしっかりと確認してからご登録をお願いします。

 

ドラマ「同期のサクラ」の無料視聴はこちらから
〜Hulu公式サイトへ移動します〜

 

☆Huluに初めて登録される方であれば2週間無料お試し利用ができます☆
☆無料期間内に解約をすれば料金は発生しません☆
☆最新の配信状況をお確かめください☆

 

無料登録手順・解約方法はこちらから(Click Here)
放送情報
2019年10月9日(水)
[日本テレビ]後22:00〜

*最新の配信状況は各VOD、動画配信サイトをご確認ください。

ドラマ「同期のサクラ」前回のおさらい

同期のサクラ 前回話のあらすじと感想です。

みなさんはストーリーをどう感じ・どう受け止めたのでしょうか?!

あらすじ

あらすじ
サクラの同期で営業部2年目の菊夫は、社内でも評判の良くない桑原部長の下で、毎日こき使われていた。サクラの所属する人事部では残業を減らすことが課題になっていて、そのことを社内の各部署に周知するために動いていた。

しかし、桑原は人事部のことを快く思ってはいなく、当然、残業の件も反抗的な態度だ。サクラは菊夫の多すぎる残業時間が問題だと思っていて、それを桑原や菊夫に伝えたが、まったく聞く耳を持たない様子だった。

それどころか、桑原はさらなる無理難題を菊夫に課せていた。サクラは菊夫のことが心配だったさなかに、菊夫が倒れたという連絡を受けた。

サクラは慌てて病院へ行き、菊夫の様子を心配した。医者からは1日寝れば回復するとのことだったが、菊夫はかなり弱気になっていた。

菊夫はサクラに何かアドバイスを貰いたかった様子だが、彼女は何も思い浮かばない。そこで、彼女は祖父に言われたことを菊夫に伝えた。

回復して会社に復帰した菊夫は、サクラから強くお尻を叩かれたことで、気合が入ったようで、桑原部長に自分の考えをハッキリということができた。菊夫はようやく自分が仕事でやるべきことが見えてきたようだった。

次の人事異動で桑原は土木部へ異動になった。それは桑原がいる限り、サクラは土木部へ異動できないということだった。

感想

サクラのキャラクター性が私にとっては本当にツボであり、最高に面白いなと感じました。そして、きくおくんの上司の方は本当に短期で大変な上司だなと痛感しました。いまどきこんな上司がいるもんかと私は思っていますが、いるかもしれないと恐怖を感じました。私はサクラの非常にまずいという口癖が最高に面白くて私にとってツボです。どんな感じかわかるのかもマイペースに自分のやるべきことをしっかりとこなしていく桜のその姿に感動してしまいましたが今の人間世界においてそんなことができる会社はまあないだろうと感じました。 橋本愛さんが演じている広報課の女の子は本当に実際の世界にいそうな女の子で、出で立ちが降る前に何度も上手で演技力の高さがうかがえるようなものになっているものだと感じました。そしてきくおくのことに対しては体育会系のオラオラした上司の下で働いていることが本当に苦しかったことがよくわかり、伝わってくるようなシーンになっていることを感じました。

みんなそれぞれの部署に配属されて、仕事も慣れて快適にやってると思ってたら、生き生き仕事しているのは葵くんだけで驚きました。しかも菊夫くんの場所が一番最悪で、入りたいと思って入った営業なのに、部長が大学時代の先輩で、モラハラ・パワハラの嵐。今の時代だったら大問題になっていると思うけど、昔はこんなことしょっちゅうあったのかなと思ってしまいました。入社2年目で残業時間は最悪で、サクラが菊夫くんの残業を止めようとしたら、菊夫くん、無理して「俺は大丈夫。」って言っている姿にジーンとしてしまいました。そんな矢先、菊夫くんが倒れてしまって、菊夫くん自身も精神的に限界がきてて、サクラがおじいちゃんに「大人になるということは弱い部分を見せること。」と言われたことを菊夫くんに教えてあげて背中を押してるところ、同期として素敵でした。菊夫くんも部長に言おうか迷ってたけど、サクラの背中叩きで前に進めてよかったけど、最後の黒川部長が菊夫くんの異動先を告げたのにはイラっとしました。

まとめ

ドラマ「同期のサクラ」3話のネタバレ・あらすじまとめでした。

次回も楽しみなストーリーとなりそうですね。

次回のネタバレもお楽しみに。

 

▼同期のサクラの見逃し配信はこちらからどうぞ▼

同期のサクラ 動画配信無料視聴!ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!【1話〜全話】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です