同期のサクラ 5話のネタバレ!【あらすじ・感想・視聴率まとめ】見逃し配信情報も!

ドラマ「同期のサクラ」5話が11月6日(水)に放送されます。

ここでは、ドラマ「同期のサクラ」5話のストーリーネタバレのほか、あらすじや視聴者からの感想なども交えてお伝えします。

また、同期のサクラ 5話を見逃した方には、見逃し視聴の方法もこっそりとお教えしていますのでチェックしてみてください。

ご注意ください

以下では、同期のサクラ 5話のネタバレを含みます。

ストーリーを知りたくない方はネタバレより先の情報からご覧くださいますようお願いします。

ドラマ「同期のサクラ」5話のネタバレ(11月6日(水)O.A)

同期のサクラ5話のネタバレ
2019年、夏―。目を覚まさないサクラ(高畑充希)の病室に訪れた葵(新田真剣佑)は、「たいへんよく出来ました」と書かれたシールが貼られた手帳を手に、入社5年目の出来事を思い出していた……。

2013年9月。美咲島に架ける橋の着工が無期延期になったまま人事部で入社5年目を迎えたサクラは、夢を諦めずに相変わらずの日々を過ごしていた。そんな中、人事部では黒川(椎名桔平)が社員の社内表彰に関する仕事をいつものようにすみれ(相武紗季)に丸投げ。社内告知の手配を頼まれたサクラは、葵が社長賞を受賞したことを知る。

しかし広報部の百合(橋本愛)によると、受賞者は立候補した人の中から選ばれるため、自己アピールとパフォーマンスばかりしている葵のような人が選ばれるのだと冷めた様子。社長室で表彰され、いつものように調子の良いスピーチをする葵だが、社長(西岡德馬)から「お父さんによろしく」と言われると複雑な表情を見せる。サクラは、葵の父が国土交通省の高級官僚だと知る……。

その頃、都市開発部では目玉プロジェクトが国の予算の都合で急遽凍結されるというトラブルが発生!表彰状を持って意気揚々と戻ってきた葵は青天の霹靂に慌てるが、お前にできることは国交省の父親に頼むことだ、と実力ではなくコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱いていた。

その夜、葵の社長賞を祝おうというサクラの呼びかけで、百合、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)はいつもの喫茶店に集まっていた。自分の抱える問題を打ち明けることもできず、いつもの調子のいいキャラクターを演じる葵だが、同期たちが悩みながらも充実した日々を過ごしている様子を目の当たりにすると、つい見下すような発言をしてしまう。怒った百合たちは帰ってしまい……。
残されたサクラは同期を傷つける葵の発言に突然号泣し酔いつぶれる!仕方なくサクラを家まで送り、重い足取りで高級住宅街に佇む実家へ向かう葵。プロジェクトの凍結について切り出そうとするが、父・康秀は同じエリート官僚の兄・光一とばかり話し、葵の話には耳も貸さず……。

翌日。父に相手にされなかったことを同僚に言い出せない葵は、別の案を提案しようとするが、実力のないコネ入社のくせにリーダーぶる姿を一刀両断され深く傷つく。その夜、サクラの前で激しく酒を飲んだ葵は、家では劣等感と疎外感を感じ、会社では親の七光りだと陰でバカにされている自分のことを笑いながら話すと酔いつぶれてしまい……。

葵を家まで送り、その立派な建築に感動したサクラは、葵の父と兄に会うと、突然嘆願書と、書き込みのされたパンフレットを渡す!サクラの行動に背中を押され、話を聞いてほしいと父親に土下座する葵だが、冷たくあしらわれてしまう。葵にかける言葉を探すサクラだが、葵から突然「俺と付き合わない?」と迫られて……!

公式でみる

ドラマ「同期のサクラ」5話の視聴率

視聴率

『同期のサクラ』5話の視聴率の発表はまだありません。

今しばらくお待ちください。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム情報となります)

同期のサクラ キャスト

高畑充希

橋本愛

新田真剣佑

竜星涼

岡山天音

草川拓弥(超特急)

大野いと

相武紗季

津嘉山正種

椎名桔平

他、

◾️同期のサクラ公式SNS

Twitter

日本テレビのおすすめドラマはこちら

俺の話は長い 動画配信無料視聴【1話〜全話】ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!ニッポンノワール-刑事Yの反乱-動画配信無料視聴!ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!【1話〜全話】チート 詐欺師の皆さんご注意ください 動画配信無料視聴【1話〜全話】ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!

同期のサクラの見逃し配信を視聴する方法

ドラマ「同期のサクラ」の見逃し配信動画はこちらからご覧いただけます。

登録・解約方法をしっかりと確認してからご登録をお願いします。

 

ドラマ「同期のサクラ」の無料視聴はこちらから
〜Hulu公式サイトへ移動します〜

 

☆Huluに初めて登録される方であれば2週間無料お試し利用ができます☆
☆無料期間内に解約をすれば料金は発生しません☆
☆最新の配信状況をお確かめください☆

 

無料登録手順・解約方法はこちらから(Click Here)
放送情報
2019年10月9日(水)
[日本テレビ]後22:00〜

*最新の配信状況は各VOD、動画配信サイトをご確認ください。

ドラマ「同期のサクラ」前回のおさらい

同期のサクラ 前回4話のあらすじと感想です。

みなさんはストーリーをどう感じ・どう受け止めたのでしょうか?!

あらすじ

あらすじ
社史編集室から人事部に返り咲いたサクラ。メンタルヘルスケアのプロジェクトを任される事になり、ストレスチェックのアンケートを同期に行う事になった。その中で、設計部の土井廉太郎が部署から浮いている、孤立していると感じて、気になる。そんな矢先、廉太郎は設計の社内コンペの為に会議室に向かうが誰もいない。

設計部に帰ってくると、自分だけ時間変更を知らされてなかった事、そして自分が部署でどのように思われているかを同僚達の陰口から知り、カッターナイフで突発的に襲おうとした。しかし、サクラがそれを止めようとし、怪我をしてしまった。引きこもりになってしまった廉太郎をサクラは同僚の仲間を誘い、励ましに行くが、廉太郎の身勝手にとうとうキレてしまう。

そこで祖父に相談したところ、良いアドバイスを受け、設計部に殴り込みに行く。その様子を見た廉太郎は、自分の非を認め、今後は心を入れ替えて頑張る事を誓う。

感想

『最高の同期。』
蓮太郎、周りから除け者にされて可哀想だなと思いました。蓮太郎の部署の部長もクソですね。当人がいないのに悪口いうし、変更になった時間を伝えないとか、今だとパワハラで訴えられるレベルだと思います。そして、蓮太郎はカッター振り回して、サクラのこと傷つけてしまったけど、蓮太郎がクビになるかもしれないから、サクラも誰にも言わずに黙ってたこと優しいですね。そして、蓮太郎はボツになった企画書、指摘されたところをきちんと訂正するところは偉いし、会社めんどくさい、行きたくないって言いつつも真面目だなと思いました。そして、蓮太郎が訂正できなかった部分は、同期の仲間たちがフォローして訂正して、素敵な企画書だったし、最高の仲間がいるって本当にいいなぁと思ってしまいました。5人で直した設計書、将来本当に建設されるといいなぁと思ったし、きっとこの危機を乗り越えた蓮太郎は周りよりも努力して、いい設計士になると思います。
【仲間の存在の大きさを痛感】
ストーリーは4年目で、再び人事部へ戻ってきたサクラの姿があり、復帰早々にメンタルヘルスケアのアンケート回収を命じられていました。同期を回る中で、蓮太郎の様子に異変を感じたサクラがおり、話しかけてもイラついている蓮太郎の様子や部署に馴染めていない様子を察知し気にかけるように声をかけていました。蓮太郎の冷たい態度にも本来の蓮太郎を知っているだけに心配を募らせている様子がサクラの表情から見て取れました。イライラが募った状態で部署内で悪口を言われているのを聞きカッターを持ち出した蓮太郎をサクラが止めた際、サクラの手を切ってしまうシーンがあり、その場を立ち去ってしまう蓮太郎と傷を抑えながら悲しそうな表情のサクラが見られました。傷の痛みよりも蓮太郎の心の痛みを強く感じた瞬間だったのではないかと思い、心に寄り添おうとしているサクラの優しさに胸が痛みました。その後、引きこもってしまう蓮太郎の家に足しげく通ったり、同期に声をかけたりと蓮太郎のために懸命になるサクラの姿があり、蓮太郎が辞めないよう必死に説得するサクラの言葉に胸が熱くなりました。それでも揺るがない蓮太郎の思いを、設計部に直接ぶつけに向かうサクラの姿がありました。サクラの行動を聞きつけ慌てて会社に駆けつけた蓮太郎が、蓮太郎がどれだけ素晴らしいかを熱弁するサクラの必死な思いに胸を打たれ、部長や部署内の同僚に「すみませんでした」と頭を下げたシーンがとても印象的でした。一度はカッターで切りつけようと思うほどの人たちに頭を下げることに、どれだけの思いが詰まっているのかを考えると蓮太郎の勇気に涙が止まりませんでした。また、その勇気を出すきっかけとなったサクラの存在の大きさを強く感じました。挫折や失敗を経験したときに、そのときに助けてくれる仲間の存在の大きさに気付くことができる素晴らしい回でした。

まとめ

ドラマ「同期のサクラ」5話のネタバレ・あらすじまとめでした。

次回も楽しみなストーリーとなりそうですね。

次回のネタバレもお楽しみに。

 

▼同期のサクラの見逃し配信はこちらからどうぞ▼

同期のサクラ 動画配信無料視聴!ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!【1話〜全話】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です