グランメゾン東京 3話のあらすじ・ネタバレ!【感想・視聴率まとめ】

グランメゾン東京 3話のあらすじ・ネタバレ!【感想・視聴率まとめ】

ドラマ「グランメゾン東京」3話が11月3日(日)に放送されます。

ここでは、ドラマ「グランメゾン東京」3話のあらすじ・ネタバレのほか、前回放送内容の確認なども交えてお伝えします。

また、グランメゾン東京の3話を見逃してしまった方には、見逃し視聴の方法もこっそりとお教えしていますのでチェックしてみてください。

ご注意ください

グランメゾン東京3話のネタバレを含む可能性があります。

ストーリーを知りたくない方はネタバレより先の情報からご覧くださいますようお願いします。

ドラマ「グランメゾン東京」3話 あらすじ・ネタバレ(11月3日(日)O.A)

グランメゾン東京 3話のあらすじ
尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、「グランメゾン東京」のメインディッシュになる肉料理に挑んでいた。しかし、納得できる食材でメニューを作り出せずに悩んでいた。

そんな折、京野(沢村一樹)は、パリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任されたというフードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、農水省と世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決める。

最初は乗り気ではない尾花だったが、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」が参加することを聞き、やる気になる。ついに直接対決か?と思われたが、「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)が、メイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを市場から買い占めてしまい、尾花たちは絶体絶命のピンチに陥る。

そんな中、相沢(及川光博)から、伝説のジビエ猟師・峰岸(石丸幹二)の存在を聞かされた尾花と倫子。上質な肉を求め、早速彼のもとへと向かうが、頑固な職人の峰岸に門前払いされてしまう。

「gaku」とは雲泥の差の食材を使い、どう料理を作るか…尾花は必死に向き合う。しかし、迫り来る期日…ついにコンクールの日を迎えてしまう。不利な状況でも「グランメゾン東京」は「gaku」に勝つことができるのか!?

公式で見る

ドラマ「グランメゾン東京」3話の視聴率

視聴率

『グランメゾン東京』3話の視聴率の発表はまだありません。

今しばらくお待ちください。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム情報となります)

グランメゾン東京のキャスト

尾花夏樹…木村拓哉

早見倫子…鈴木京香

平古祥平…玉森裕太 (Kis-My-Ft2)

丹後学…尾上菊之助

相沢瓶人…及川光博

京野陸太郎…沢村一樹

他、

◾️グランメゾン東京 公式SNS

Twitter

ドラマ「グランメゾン東京」前回放送2話のネタバレをチェック

ネタバレ・あらすじ
倫子と尾花、そして仲間に加わった京野は、店のオープンのために準備を進めていく。といっても尾花に至っては、料理のことしか考えていない。開店資金は5000万円が必要だというのに、銀行からは融資を断られてしまう。看板となる人気シェフを売りにすれば良いのだが、悪評高い尾花の名前を表に出すわけにはいかない。残念ながら倫子では、ネームバリューはないに等しい。

尾花のパリ時代の同僚だった相沢は、今国内で人気シェフとして名声が高い。相沢に声をかけるが、すぐに断られる。妻と別れた相沢は幼い女児がいて、毎日保育園へ迎えにいかなければならず、店に出続けることはできない。尾花は娘の気をお菓子でひき、どうにか相沢の自宅へ入り込んだ。

京野が、gakuの頃より懇意にしてきた城西信用金庫の融資担当、汐瀬に相談することにした。gakuサイドの横槍も入ったことで、融資話も白紙に戻りかけてしまう。倫子たちは、日本の食材に目を向け、なるべく経費を抑え、手間は惜しまず、納得の料理を作っていった。汐瀬に料理を認めてもらい、ようやく融資を受けられることになったグランメゾン東京。

頑なに尾花を拒否していた平古だったが、尾花お手製ソースを味見して納得の表情が見られた。

ドラマ「グランメゾン東京」前回放送2話の感想をチェック

感想
【倫子の負担が大きすぎる】
今回ドラマを観ていて、金銭面の負担は全て倫子が背負っていて、それが彼女だけが大変な思いをしているように感じました。尾花は相変わらず、好き勝手なことばかり言っているように感じますが、それでも彼の料理で最終的には問題が解決しているように思います。それでも倫子はすべてにおいて控えめに接していて、決して前には出ていません。『グランメゾン東京』は彼女がオーナー兼シェフなので、それも当たり前のことなのかもしれません。今後の展開はますます状況が厳しくなっていくように感じます。しかし、毎回、何かしらのビジネスのヒントがそこにあり、それがこのドラマも面白いところにもなっているように感じました。今回は特に平古が陰で良い働きをしました。平古や相沢の協力があったからこそ、開店資金を何とか準備することが出来たのだと思います。尾花は今後も多くの人達から協力してもらうことになるでしょう。それが彼を変えていくことになるのだと思います。
感想
【いい感じになってきた】
グランメゾン東京をオープンするためには5000万必要な尾花たちだが京野が必死になって探すが融資してくれるところが見つからない。融資をする条件に食材原価率を下げることを条件を出してきたのだ。倫子にそのことを言われるが良い食材にこだわる尾花は上の空だったが主婦たちの助言で考えを変えていく。尾花は自分の自信作が否定されて悔しかったのだろう。
そして、尾花は平子がシェフを務めるホテルバイキングを訪ね料理を食べてアドバイスするが相沢のアドバイスも欲しかったのだろうがあの言いようなので相沢に真意が伝わらないのがもどかしい。恐らく相沢の腕をチェックも兼ねてのことだったのだろうと思う。また、相沢の作るローストビーフに合うソースの試作品を作ったのも尾花なりの愛情なのであろうが。
しかし、融資担当者が尾花がいる店には融資できないと言ってきた。そこで、担当者に提案をする。料理を食べて欲しいと。その料理はすべて国産の食材を使い原価率を下げ、相沢のアドバイスを盛り込んで出来たコレボの一品だったのだ。だんだん、周囲の意見を取りいれ変わっていく尾花が良い感じ。相変わらず素直ではないが。その料理を食べた融資担当者は感動した様子。しかし、融資はできないという。そこで倫子が家を抵当に入れることで担当者の心を動かしたのだった。やるな倫子、なんて男前な女だ。しかし担当者が料理を食べたのは平子のおかげでもある。なんだかんだ言って平子は尾花を認めているのだと感じた。相沢にも礼を言う尾花を見てだんだんかつての仲間との距離感が詰まってきていい感じになってきたと思う。

グランメゾン東京の見逃し配信を視聴する方法

ドラマ「グランメゾン東京」の見逃し配信動画はこちらからご覧いただけます。

登録・解約方法をしっかりと確認してからご登録をお願いします。

 

ドラマ「グランメゾン東京」の無料視聴はこちらから
〜Paravi公式サイトへ移動します〜

 

☆Paraviに初めて登録される方であれば30日間無料お試し利用ができます☆
☆無料期間内に解約をすれば料金は発生しません☆
☆最新の配信状況をお確かめください☆

 

無料登録手順・解約方法はこちらから(Click Here)
放送情報
2019年10月20日~
[TBSテレビ]日曜日 後21:00〜

*最新の配信状況は各VOD、動画配信サイトをご確認ください。

フジテレビおすすめのドラマはこちら

4分間のマリーゴールド 動画配信無料視聴!ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!【1話〜全話】G線上のあなたと私 動画配信無料視聴【1話〜全話】ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!

まとめ

ドラマ「グランメゾン東京」3話のネタバレ・あらすじまとめでした。

次回も楽しみなストーリーとなりそうですね。

次回のネタバレもお楽しみに。

 

▼グランメゾン東京の見逃し配信はこちらからどうぞ▼
グランメゾン東京 動画配信無料視聴!ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!【1話〜全話】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です