スカーレット 動画配信無料視聴!ドラマ見逃し配信サイトを徹底比較!【1話〜全話】

朝の連続テレビ小説「スカーレット」の無料視聴はこちらから
〜U-NEXT(NHKオンデマンド)公式サイトへ移動します〜

 

☆U-NEXTは初めて登録される方であれば31日間無料お試し利用ができます☆
☆無料期間内に解約をすれば料金は発生しません☆
☆最新の配信状況をお確かめください☆

 

無料登録手順・解約方法はこちらから(Click Here)
放送情報
2019年9月30日(月)~2020年3月28日(土)
[NHK総合]月〜土 前8:00 他 <全150回>

連続テレビ小説「スカーレット」はU-NEXT(NHKオンデマンド)で見逃し配信を行っています。

お手持ちのスマホからでも簡単に登録。ドラマを手軽に視聴することが可能です。

また、VODの他、動画配信サイトで無料視聴ができるのかを徹底比較しております。

VODを含めた各動画サイトでご確認ください。

*最新の配信状況は各VOD、動画配信サイトをご確認ください。

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」無料視聴方法と配信比較

VODで無料視聴

U-NEXTで無料視聴

 

U-NEXTでは毎月付与されるポイントを使ってインターネット配信されているNHKの番組を視聴することができます。

NHKが過去に放映された番組をネット配信する「NHKオンデマンド」をお得に利用できるのではU-NEXTだけ。

ニュースやドラマはもちろん、ドキュメンタリーや情報バラエティ、子ども向けの番組など家族のみなさんが楽しめる良質な番組をご覧いただけます。

 

U-NEXT(NHKオンデマンド)の視聴はこちらから
〜U-NEXT(NHKオンデマンド)公式サイトへ移動します〜

 

無料登録手順・解約方法はこちらから(Click Here)
U-NEXTのおすすめポイントを確認しましょう!
おすすめポイント①
31日間無料お試し実施中!期間内は月額利用料金は必要ありません!

おすすめポイント②
業界最大級!動画配信数14万本以上・見放題作品9万作品以上を配信中!

おすすめポイント③
テレビ局の垣根を越えた幅広いジャンルのドラマを配信中!

おすすめポイント④
毎月もらえる1200ポイントで新作映画や新作ドラマが無料で視聴できる!
(無料お試し期間中は600ポイント)

おすすめポイント⑤
電子書籍70冊以上が読み放題!人気の少年誌もポイントでお得に読める!

連続テレビ小説「スカーレット」動画配信状況を徹底比較!

動画共有サイトの注意点(Click Here)
視聴はお控えください

Dailymotion やPandora.TVなdの海外動画共有サイトで配信されている動画は、著作権法や象徴権を侵害している恐れがあります。

法律に触れることはもちろん、フィッシング詐欺やウイルス感染によるパソコントラブルの原因となります。

こうした動画共有サイトでの動画の視聴はお控えください。

以下で紹介する動画配信サイトは安全に作品を視聴することができます。

主要VODの配信状況を確認しましたが、ドラマ「スカーレット」の見逃し配信が視聴できるのは「U-NEXT(NHKオンデマンド)」だけとなっています。

U-NEXT

U-NEXT
初月の無料ポイントは600ポイント。継続利用で翌月から1200ポイントがもらえます。NHK番組の動画がポイントで視聴可能!放送局に関わらずドラマ作品を多数配信中。
Hulu
お試し無料期間は2週間!ポイント配布はありませんが、月額933円(税抜)で配信動画を見放題!日本テレビ系列のドラマを中心に配信しています。
FOD
無料期間中のポイント配布は業界最大!1300ポイントで新作ドラマや映画が視聴できます!フジテレビ作品は無料配信多数!
Paravi
無料お試し期間は30日間、無料ポイント(チケット)は330円分もらえますTBSテレビ・テレビ東京系列のドラマ作品を多数配信中!
[/memo]
見逃し配信は公式VOD
☆1話〜全話を楽しむなら

U-NEXT(NHKオンデマンド)

VODは本当に無料で利用できるの?少し不安…

海外動画共有サイトと違い、日本の各VODでは運営母体が明確になっている所が安心ではないでしょうか。

U-NEXTであれば有線放送でお馴染みの株式会社USENが元母体。

FODであればテレビ局のフジテレビが運営母体となっています。

他にも、

  • TSUTAYA (レンタルDVD)
  • KDDI(携帯電話)
  • Amazon(EC販売サイト)他

VOD各社の運営企業は一般的に大企業と言われる有名な会社ばかりです。

 

現在では全ての企業において「信用・信頼」が最も重要視されています。

企業コンプライアンスといった社内外の法令遵守も重要とされる時代。

このようなことから、信用や信頼を失うリスクを犯してまでも悪質な勧誘行為を行っているVODサービスはないと言えます。

安心してご利用いただけると当サイトも自信を持っておすすめしております。

「無料」とか「見放題」とか怪しい・・・

そうはいっても、このご時世です。

「無料」や「見放題」と言わるとかえって怪しく思えてしまう…

確かに、無料と信じていたら後から課金されていた!となったら大変です。

VOD各社の過去の利用口コミを見ていると、システムが整っていない数年前にはそういった事例が実際に起こっていたようです。

しかし現在では、VOD各社がサービス向上、お客様ファーストの視点に立ち、様々なサービスを展開しています。

31日間無料のサービスもその一環。期間内を無料でご利用頂き、是非、VODサービスの良さを実感して頂けたらと願っております。

解約方法や利用状況に関しては、メールや電話での問い合わせも簡単にできるようになっています。

あまりに不安を感じる場合は各VODサービス会社へお問い合わせてみてはいかがでしょうか。

また、どうしても不安が拭きれないという場合は、登録を見送る判断も必要です。

無料のお試し期間はすぐに終了しません。

十分に検討して頂き、ご納得されてから無料お試し視聴をご利用ください。

連続テレビ小説「スカーレット」の情報

ドラマ「スカーレット」のあらすじや感想・キャストの情報です。

視聴者の感想や口コミも掲載しています。ドラマの振り返りにお役立て下さい。

イントロダクション

introduction
戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。名前は川原喜美子。両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。15歳になった喜美子は、大阪の下宿屋で女中として働きはじめる。大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いは、喜美子をさらに成長させる。3年後に信楽に戻った喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む。やがて愛する男性と結婚し、息子を授かり、仕事にも家庭にもまい進する日々が始まる。相変わらずの貧乏だが、夫や息子のかたわらで、大好きな陶芸にいそしむ喜美子。だが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が彼女を待ち受けている。どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない。喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。

スカーレット公式

ドラマ「スカーレット」視聴者の声

「スカーレット」への期待と考察(Click Here)
Name:雨子 50代女性
朝ドラは毎日観るので、やはり印象が強く残ってしまいます。次回の作品は陶芸家を目指す女性の話のようですが、私はあまり陶芸の世界を知らないので、このドラマを通して、陶芸の魅力を知ることができたらと思っています。元気と勇気を貰えるようなストーリーを期待したいです。 
Name:サクラ 50代女性
主役の川原喜美子を、今をときめく女優戸田恵梨香が演じます。NHKの番組らしく、ストーリーは信楽焼の世界に飛び込む女性の話です。窯元は本来男性のものという常識を破り、喜美子が果敢に焼き物に挑む姿が見ものです。
Name:まなっち 40代女性
秋からはじまる「スカーレット」は、戦後の混乱期の日本で、「男社会」と言われた陶芸家の道を進んだ女性を描いたドラマということで、困難に満ちた人生ドラマが期待できます。「男勝りの主人公」ということですが、男性的な面があっても女性の物語。ここはたくましさだけでなく、女性らしいしなやかさや柔らかさを持ちつつ、時代の荒波を乗り越えていくようなドラマになることを期待しています。
Name:インギー 40代男性
情熱な感じが似合う戸田恵梨香さんが、情熱的な人生を演じるということで、とても楽しみにしています。どの出演作でもインパクトのある演技を披露している戸田恵梨香さんが、今回も素晴らしい演技を披露してくれると思います。

これまで放送されたストーリー

1週目のあらすじ

滋賀・信楽で陶芸家として道を切り開いていく川原喜美子(戸田恵梨香)。理想の信楽焼を求めて、土と炎に向き合う女性の物語が始まる。昭和22年、9歳の喜美子(川島夕空)は、父の常治(北村一輝)、母のマツ(富田靖子)、二人の妹とともに大阪からやってきた。常治が戦後に手を出した事業で失敗。みんなで借金取りから逃げてきたのだ。常治の戦友の大野(マギー)、妻の陽子(財前直見)の世話で、古い家を借りられることに。お調子者だが憎めない常治、おっとりとしたマツ、明るくて頑張り屋の喜美子の、信楽での生活が始まった。焼物の町・信楽は当時、全国随一の火鉢の生産地だった。好奇心が強い喜美子も初めて信楽焼に出会う。だが今の喜美子の毎日は、学校へ通い、妹たちの面倒を見て、家事を手伝うことで精一杯。常治が運送の仕事につけたものの、川原家は相変わらず貧しかった。ひょんなことから、常治が草間宗一郎(佐藤隆太)という青年を連れてくる。物静かだが、きちんと向き合って話してくれる草間との時間は、喜美子には忘れられないものに。絵を描くことが大好きな喜美子。草間は、喜美子の絵に目を留めて褒めてくれる。そんな中ついに借金取りが、大阪からやってくる

スカーレット公式

「スカーレット」1話の感想(Click Here)
第1話の感想
Name : ゆい 20代女性
喜美子のおてんば加減がとても可愛くておもしろかったです。自分よりも大きな体の男の子にほうきを持って戦いを挑みに行くなんてすごいなと思いました。ケガをして帰ってきたから、やっぱり勝てなかったのかと思ったけど、男の子の方が大きなケガをしていて爆笑でした。戦後の大変な時とはいえ、まだ小学生なのに妹のめんどうや家の手伝いなど、文句も言わずにこなしている喜美子はいい子だなと感じました。たぬきを追いかけていった先にいたおじさんが誰なのかが気になります。

第1話の感想
Name : かんな 40代女性
オープニングのクレイアニメが陶芸となっているのも良く、ほんわかしたSuperflyの歌声・曲も「これぞ朝ドラ!」という感じで良かったです。また、子ども時代から始まりますが、まさに大阪のお父ちゃんと子どもという会話のやりとりが朝から明るく元気にしてくれます。初回から狸の信楽焼が登場したところは笑えました。愛嬌があります。そして、2話目に続く狸からの謎のおじさん(村上ショージさん)登場がどうなるのか、続きが気になりました。狸が化けていたのかと妄想できる点も良かったです。

「スカーレット」2話の感想(Click Here)
第2話の感想
Name : あん 20代女性
将来陶芸家になる喜美子が、初めて陶芸の材料になる土に触れて感動するのかと思いきや、良さがわからないどころか雑に落としてしまったところがおもしろかったです。照子が信楽焼の娘だから、そのつながりでこれから陶芸の世界に入っていくんだろうかと楽しみです。また、喜美子が漢字を全く読めなかったシーンは可哀想になりました。家の手伝いをして学校にも行けなかったなんて悲しいし、読めなかったことで友達に驚かれたのも本人はショックだったろうなと思います。

第2話の感想
Name : ちゃな 30代女性
子役の子たちの演技が素晴らしい。喜美子が漢字を読めなくても堂々と平仮名だけ読んだり、友達なんかいらんって言うが、見てて嫌味がなく、人にこびない自分を強く持つ少女だと思った。また妹の直子が泣き喚いて我がままを言い、戦争を思い出すシーンはとても辛く、こんなに小さな子でもトラウマになるほど覚えているのかと悲しかったです。お父さんは大阪に行って、またもやお酒を購入するのは時代なのか?お金がなくて、お母さんの着物を売ったのにちゃんと生活費を置いているのか心配です。

第2話の感想
Name : mimi 40代女性
大阪から信楽に引っ越してきた喜美子が小学校へ通い始め、窯元の娘・照子が「友達になってあげる」と言ってきたのに喜美子が「家の用事で忙しくて遊べないから友達いらん」ときっぱり断りました。その言葉に勝気な性格の照子の呆気に取られた表情が可笑しかったです。戦争で怖い思いをしてからなのか、元々の性格なのか分かりませんが、妹の直子がわがままを言うシーンは本当にナチュラルで演じていない感じがすごいなと思いました。

第2話の感想
Name : 近藤孝子 50代女性
ネタバレは川原常治がお金を捻出するために妻のマツの着物を売りに行きます。しかし、かたわの兵士にお金を恵んだり、暴漢に襲われている兵士を家に連れてきたりします。娘の喜美子は同級生の男の子にまたけんかを売られますが、上手く逃げることに成功します。感想は常治のために貧乏な理由が分かって、これはだめだと思いました。喜美子は同級生の男の子にも負けずに元気いっぱいで空襲でひとりぼっちにされたトラウマがある妹にも優しいよい子だと思いました。

「スカーレット」3話の感想(Click Here)
第3話の感想
Name : みお 20代女性
喜美子が給食を前にウキウキしているのがとても可愛かったけど、こんなちょっとの食事で喜んでしまうくらいお腹を空かせているのかと悲しくなりました。私たちは給食なんて当たり前だし残すことだってあるのに、おなかいっぱい食べられることに感謝しなきゃなと改めて考えさせられました。給食費が払えないと聞いた時の喜美子の焦りようがおもしろかったです。草間さんの様子を見に言った先に何が待っているのかがとても気になります。

第3話の感想
Name : いも 30代女性
食べるものがない喜美子にとって、給食は大切な時間です。その時間がお金がないために奪われるかもしれず、焦る喜美子を見て、笑えるような、かわいそうなで複雑な気持ちになりました。父親の常治は温かい人柄で、困っている人を助けるのは良いのですが、家族が困っているにもかかわらず、喜美子たちにとっては迷惑な話です。喜美子は大切な給食を守るためにも家を飛び出していましたが、これから彼女がどうするのか気になります。

第3話の感想
Name : ruru 30代女性
草間という戦争で心に傷を負った男性を父の常治が家に連れて帰って来ました。わずかなお米と貴重な卵で作ったおかゆを草間にたくさん注ぐよう父に合図され喜美子が泣く泣く注ぐ場面は笑ってしまいました。草間の優しい言葉に喜美子はうっとりして学校で信作くんに草間に掛けられた言葉を真似させるところが面白かったです。喜美子と信作が仲良くしているところに照子も割って入ってきたところも可笑しくて3人のシーンは今後も楽しみです。

第3話の感想
Name : 石田知之 40代女性
まだまだ導入部なので、どうしても登場人物の紹介がメイン。展開は、子供時代の主人公が慣れない学校生活がどうなっていくのかというのが主であったが、佐藤隆太演じる帰還兵がどうこの後、主人公一家に影響を与えていくのか、(主人公との繋がりがこの後深まることは想像できますが)気になる所です。同級生の男の子、強気なの女の子(父親の勤め先の社長の娘)との関係も明日以降深まるのでしょう。男の子はちょっと弱気みたいなのでベタですが主人公が窮地に追い込まれた時に以外な活躍するんでしょうね。
第3話の感想
Name : 近藤孝子 50代女性
ネタバレは陶器を運ぶ仕事をしている川原常治が精神を病んだ兵士を連れてきたために川原家は食べ物の分配量が減り、娘の喜美子の給食費も払えないくらい貧しい状況に陥ります。喜美子は我慢して、妹の直子に自分のおかゆを分けてあげます。感想は川原家の食事はとても少なくて、父が戦後は食べ物がなかったと言っていたことを思い出しました。喜美子は相変わらず妹には優しいなと思いました。喜美子の給食費が払えると良いなと思いました。

第3話の感想
Name : syoumama 40代女性
「きみちゃんの給食危うし」
戦後貧乏な家庭で育つきみこ。家のお手伝いを率先してやり、妹のために食事を分けるのにも文句も言わず。なんてできた子なんだろう、と感心してしまいました。
そんなきみこの唯一の楽しみが、妹に食べ物を分けずにすむ、給食でした。が、貧乏だが心優しい父の常治は、大阪で着物をお金に換えて帰る際に、暴漢に襲われていた青年「草間」を心配し家に連れて帰ります。やっとお金を作ってきたかと思えば、謎の青年のせいで家族の食事はさらに減ってしまいます。そんな中も明るく振る舞う元気なきみちゃんは、こちらまで元気になってしまうような、太陽のような存在にみえました。草間が家にずっといては、お金がかかって給食費を払えないと言われたきみちゃんは、自分の給食がなくなっては大変!と草間の様子を見にいくのでした。次回は、元気でまっすぐなきみちゃんの明るさで、少しずつ草間の心も溶かされていくのではないかな?と期待しています。

第3話の感想
Name : 谷山 60代女性
大変です!何より楽しみとなった給食なのに、お父さんが助けてやった草間さんのせいで給食費が払えなくなってしまうかも知れません。それでなくても、各自持参の主食を持って行くことができず皆を羨ましそうに見ている状態なのに給食費が払えなくなったら…と思うと可愛そうな話なのですが、なぜか喜美子を見ていると悲しそうに絶望することなく、何とかしようとするファイトを感じてしまいます。直子の我儘も弱みがあるとはいえ、しかる事なく上手く対処し、人生をたくましく生きていける予感がします。

第3話の感想
Name : ダークラテ 30代女性
戦後の食糧難がリアルな川原家。給食の時間。お嬢様の照ちゃんはパンを持参、余裕のある家の子はおにぎり。喜美子のような食べられない子のために我慢する…みたいな気使いはなかったのか。早く食べ終わってしまい、周囲を羨ましそうに見る喜美子。躾ができていなくて、見ているこっちが恥ずかしくなった。夕食時の食卓でも、お客様に出す卵粥をケチるなんて常識がない。母だけはどっしりと構えていて、この人になら家のことを任せられるな~なんて思った。

「スカーレット」4話の感想(Click Here)

▷スカーレット4話のネタバレはこちら

第4話の感想
Name : いも 30代女性
草間から態度を怒られた喜美子。
あんなふうにきちんと叱ってくれる人はそうそういません。それに怒られて逆切れせずに、きちんと謝りに行き、そして反省した喜美子はそぐに立ち直り、何ていい子なんでしょうか!喜美子みたいに妹の面倒をきちんと見て、家のこともちゃんとして、お礼も挨拶もきちんとできる娘が欲しいです。それに引きかえ、次女の直子のわがままな事と言ったらありません。直子役の子役が演技がうますぎて本気で腹がたってしまいました。喜美子に休息の時間を与えてあげたいです。

第4話の感想
Name : ゆきえ 20代女性
草間さんが陶芸に心を動かされていたことが意外でした。心に栄養が足りないと言われたけれど、これからきみちゃんと陶芸の道に進んでいくんだろうかと楽しみです。また、慶之川さんの作品をゴミだと言ったきみちゃんに草間がそれはいけないことだと説くシーンがとても胸にグッときました。言ってる内容はとても厳しいのに、草間さんの物言いがとても優しいので、きみちゃんはなおさらいけないことをしてしまったなと感じたと思います。

第4話の感想
Name : takuya0085 30代男性
最初は戸田恵梨香さんが出演されているということだったのでとても期待していたんですが、なかなか出てこなくて内容は期待しているものではあったんですが、出演者があまり知らない人も結構いたものだったので少し期待外れでした。しかし戸田恵梨香さん演じる人の子供の役をやっている人のことはまったく知らなかったんですが、新たな名前が出ることでこれからの子役を担っていく大事な存在になってくれたら、映像として記憶に残るものになるなと思いました。

「スカーレット」5話の感想(Click Here)

▷スカーレット5話のネタバレはこちら

第5話の感想
Name : ss 20代女性
きみ子が妹のなお子のために朝から晩まで絵を描き、紙芝居を作っていたことを最初から最後までしっかり見ていた草間。急に家を出てしまい、せっかく褒めてくれたことや、自分の絵をしっかり認めてくれた草間が急に居なくなってしまったことできみ子は初めて涙を見せていました。草間がくれた手紙の読めないことへの涙なのか、ありがとうごめんなさいを日々しっかり伝えるきみ子なので感謝の気持ちを伝えられなかったからなのか、どんなにいじめられても見せなかった涙に感動しました。草間が想う人の元へ向かったのか、果たして彼女は生きているのか分かりませんが、展開が楽しみになりました。しっかりした父親に見えて、きみ子は父親に絵を褒めてもらえなくても、勉強しに友達の家へ向かい、叱られたことを忘れるほど教科書に興奮していた姿が可愛らしかった。

「スカーレット」6話の感想(Click Here)

▷スカーレット6話のネタバレはこちら

第6話の感想
Name : いも 30代女性
大阪から借金とりが来たことを知っておきながら、逃げるように家を後にした常治。彼はいったいどこへ向かい帰ってくるのか謎で、金がないにも関わらず毎晩のように酒を飲み、ラジオを買って、妻から金をとり、いったいどんな父親なのかとため息が出ます。それに比べて喜美子はきちんと学校で勉強して、そして畑ではやさいを育て、家事もして妹の面倒を見ています。さらに薪をくべて風呂をわかし、今であれば子供に火を使わすなどもってのほかですが、この時代はどこでもやっていたことなのでしょうか?火加減がこれでうまくなった喜美子は、将来窯を扱うと思うので、ここで鍛えられたのかと考えます。子供の頃から色々なことをしてきた喜美子だからこそ、大きくなったらできないことはなく、苦労はしなかったかもしれません。それでも、常治は許せません。家に帰ってきたら、こっぴどく誰からに怒って叱って、この際なのでビンタの一つくらいしたいものです。

「スカーレット」7話の感想(Click Here)

▷スカーレット7話のネタバレはこちら

第7話の感想
Name : blue 30代女性
父親の常治が出ていったあとにやって来た借金取りに、母親、妹たちが震え上がっているのが分かって、喜美子が何とかしようと策を練るものの、借金取りの言い分を聞いて素直に受け入れるところ、喜美子らしいなぁと思いました。そのあとで借金取りのもう一人に、妹に茹で玉子を分けてやってほしいと、妹が癇癪持ちになった理由を伝えて茹で玉子を一個分けてもらおうと一生懸命に言うところは胆がすわっていたし、「借りたお金は必ず返します!」と断言するところ、しっかりしていて良かったです。草間さんもピンチの時にやって来てくれ、本当に喜美子にとっては心の支えになったでしょう。一方で父親の常治のしがないプライドのせいで、せっかく常治の借金を一部払ってくれた草間の好意を無にしようとしたりするところ、喜美子同様私もどうしても解せませんでした。喜美子が父親を睨む気持ちが分かります。今後どうなるのか気になる終わりかたで、明日が待ち遠しいです!

「スカーレット 8話の感想(Click Here)

▷スカーレット8話のネタバレはこちら

第8話の感想
Name : ikura 50代女性
父親でありながら、男の意地だと言い張る常治の姿は、どこか寂し気であった。そんな姿を見た喜美子は、幼きながら何を考えているのか気になった。お金のない家族の喜美子は、紙芝居が見たい、お菓子が食べたかった時のことを思い出し、父親の意地の意味をずっと考えていたのであった。「女にも意地と誇りがある」と大きな声で叫ぶ喜美子は、どことなく父親譲りの性格のようだ。その様子を陰で聞いていた草間は、しばらくこの町で過ごすと決意して、柔道を教えることにしたのは何か意味があるような気がします。借りたお金を草間に返そうとする常治、柔道を教わることになった喜美子でお金の貸し借りがチャラになり、男の意地も誇れたと思った。多くの子供たちが、草間の元へ柔道を習うことになり、ますます草間が一体どんな人物なのか正体が気になります。この中に喜美子だけではなく、お嬢様の照子の姿があったのが意外で驚いた。

「スカーレット 9話の感想(Click Here)

▷スカーレット9話のネタバレはこちら

第9話の感想
Name : すた 30代女性
人から借りを作ることを嫌がる常治の性格が分かっているから、常治が売ったラジオと手袋をなんとか気を悪くさせずに渡す方法を考えている周囲の優しさに感動した。岡野夫婦の考えた手袋の渡し方にツッコミどころはあったものの、失敗して警察官に拾われてしまった場面では思わず笑ってしまった。また、喜美子も柔道を通して子供達と仲良くなっており安心した。今回はそれぞれの夢について描かれていたが、喜美子はまだ夢を見つけていないようで、いつ陶芸の道に進むのか気になる。また、草間の妻について語られていたので、生きて再会できることを切に願う。草間は喜美子の前向きな考え方に何度も救われたんだろう。互いに高めあえる関係で羨ましい。喜美子の自分の思っていることをハキハキとしっかり伝えられるところも見ていて気持ちがいい。最後に照子が行方不明になっていたが、人さらいの話も出ていたので心配だ。なんとか無事であることを祈る。

「スカーレット 10話の感想(Click Here)

▷スカーレット10話のネタバレはこちら

第10話の感想
Name : 2839 30代女性
照子がひとさらいにさらわれたのかと思いきや、ただの家出だった。家出の理由は語られなかったが、窯元の娘で何不自由の無い暮らしをしていても不満はあるようだ。今後、その部分も描かれていくのだろう。また、岡野夫妻が喜美子に手袋を渡そうと奮闘する場面が無理矢理すぎて、またもや笑ってしまった。今回は警察官も巻き込んでいたので、警察官の反応も面白かった。手袋を貰った喜美子が母や父の頰を包み暖めてあげる場面には感動した。そして、再び草間との別れが描かれた。人が続々と見送りに集まり、草間の慕われぶりが伺えた。今回はまた会う約束もしており、きちんとお別れができ、みんなが笑顔で別れられたので気持ち良かった。草間の再再度の登場が楽しみだ。村上ジョージさんももっと登場してほしい。最後に15歳になった喜美子達が登場し、明日から子供時代の喜美子と照子を見られないと思うと寂しい。戸田恵梨香さんが制服を着て自転車に乗っているところは結構な違和感を感じた。朝ドラでは仕方のないことなので目を瞑ろう。

「スカーレット 11話の感想(Click Here)

▷スカーレット11話のネタバレはこちら

第11話の感想
Name : ふかわ 30代男性
中学校を卒業間近に迫った喜美子の就職先が同級生の照子の伝で、照子の父親の秀男が営む丸熊陶業に決まったとなっていたので、喜美子が陶芸家としての人生がこれから始まるとばかり思っていたら、まさかの就職取り消しになるとは予想外過ぎて唖然となりました。喜美子が社長の秀男にお世話になる挨拶で訪れ断られたのが2月と卒業まで残り僅か、現代社会でも働き口を捜すには困難なのにと苛立ちが募ってしまい、秀男が断る理由が力仕事で男性ばかりの職場だからと既にわかりきった事を並べ立てて社員の総意と駄目を押しするイヤらしい話し方、喜美子の両親に伝える対応も遅くガッカリの連続でした。喜美子の父親の常治も運送業をしているからと頼まれた博之だけを雇えばいいのに、職を無くした兄弟の保まで引き受けると言い出し、給料は働き出す娘の喜美子の給与から支払うと安易な考えを軽く話し、信楽に夜逃げする前に安易な考えでやってい木材業と変わらない雰囲気に恐ろしさを感じました。秀男と常治もイイ人と思いますが、よく考えずに引き受ける所がダメだなと思いました。

「スカーレット 12話の感想(Click Here)

▷スカーレット12話のネタバレはこちら

第12話の感想
Name : ブルー4 40代女性
大熊陶業での就職が白紙になってしまい、喜美子の給料を当てにしていた常治は、あわてて喜美子の就職口を見つけてきました。しかし、その会社は「大阪」という信楽から遠く離れた土地!喜美子は明るく振る舞っていましたが、てる子に大阪に行くことを止められたり、中学校の担任から喜美子は数学が良くできて、優秀だから無料で高校にいく道もあると誘われます。(家庭の事情から常治は断りますが。)きっとこの事で喜美子の中に押し込めていた気持ちが爆発したのだと思います。
意を決して常治に「私は信楽を離れたくない。大阪に行きたくない。」と涙ながらに話すところ、とても可哀想で仕方なかったです。てる子が喜美子を思うように、喜美子もまた慣れ親しんだ信楽や信楽の人々、そしててる子や信作と離れたくなかったんですよね!ずっと明るく振る舞い、自分の気持ちを抑えていた喜美子がいじらしくて、なんとも言えない気持ちになりました。それでも常治は喜美子に大阪に行くことをやめて良いと言わなかったことを、とても残念に思いました。

「スカーレット 13話の感想(Click Here)

▷スカーレット13話のネタバレはこちら

第13話の感想
Name : ブルー4 40代女性
就職のために大阪に向かった喜美子が生まれたて土地とはいえ、幼い日に父親の常治の借金によって夜逃げしたために全く知らない土地と言えるの上に喜美子を雇う人と会った事もないのに、たった一人で行かせた常治の考え方はやっぱりズレているなと感じました。喜美子を引き受けた荒木さだは簡単に言えば親類、詳しく話すと遠すぎて関係がほぼない赤の他人という設定が面白く、それでも温かくとってもいい人だったのでホッとしました。さだのしている仕事が女性の下着開発という当時としては最先端な仕事で、中学校を卒業したばかりの喜美子に何ができるのか考えていたら、誰もやりたがらない下着モデルの話が出た瞬間に喜美子がやりますと決意したのでビックリ、まさか朝ドラでそんな流れをいれるのかとドキドキしましたが、すぐに下宿所の女中として雇ったと判明してモデルでなくて良かったと思うのと、ちょっと期待したために残念に思った肩透かし感の混ざる気持ちになりました。常治は、娘の喜美子が好きな家族と離れて働くために遠くの大阪に向かうと不安ばかりが募るとわかっていたはず、不安を和らげるためにせめてどんな仕事をするのかは伝えておくべきだったと思いました。

「スカーレット 14話の感想(Click Here)

▷スカーレット14話のネタバレはこちら

第14話の感想
Name : tani 50代女性
荒木荘で賄いつきの女中になることが決まった喜美子は、荒木荘に連れられ一室を自分の部屋にもらえることにすごく嬉しそうにしているところ、まるで現代の小、中学生のようでした!きっと信楽での生活からしたら、天国に来た感じだったのでしょう。しかし、大久保と「さだ」から、隣とのしきりになっている襖を蹴破ってしまったことをキッカケに「ここでの仕事はつとまらないから、信楽に帰りなさい。」と言われたときは地獄に突き落とされたような気持ちになったと思います。
かなり天国から地獄への展開がはやすぎて、喜美子が可哀想に感じました。夕食をみんなで囲むものの、食欲もなくなり呆然とするのを見て、酒田や「さだ」が心配して卵焼きや漬け物をソッと喜美子にあげるところ、なんとも優しいなぁと感じました。喜美子がその後にパクパク食べれたのは、その気持ちが嬉しかったからだと思いました。大久保も謝罪の手紙、お金を封筒に入れて持たせてくれるなど、とても優しい対応してくれているなぁと思いました。その後の荷造りしたものの中に、見知らぬものが入っていて、取り上げた瞬間に「クサッ、なにこれ、クサッ!」と言う喜美子には笑ってしまいましたが。臭さの原因であった常治の汗臭い手拭いが喜美子にとっては「魔法の手拭い」になったようで、良かったです。これからその「魔法の手拭い」でまた奮起し、壊れてしまったガラス戸を直して、大久保から見直されないかなぁと少し思いました。

「スカーレット 15話の感想(Click Here)

▷スカーレット15話のネタバレはこちら

第15話の感想
Name : tani 60代男性
下宿のお局様、大久保の厳しい目に耐える喜美子。
信子に、あんたには無理だと怖い顔で言われ、喜美子は辞めるのかと心配しましたが、喜美子は、大久保に借りたお金を返して、昨日までは帰ると言っていたのが、予定通り勤めると言ったので、安心しました。喜美子は大久保の仕事を誉め、食事も、心を込めて誰にでも出来る仕事ではないと思ったので、喜美子も,そういわれるように、柔道のように闘ってがんばりたいと、言います。しかし、大久保は、闘うなんて子供相手にと、憮然とした顔で怒ったので、ダメかと思いましたが、それでも喜美子が頭を下げてお願いしたので、大久保に、さっさとしなはれと言われ、喜びますが、なかなか道のりは厳しいと思いましたが、頑張って欲しいと思います。そして、田中雄太郎という、謎の人物がいました。ごはんも食べず、部屋からも出て来ず、ちや子が30~40歳代の犯罪者を疑いましたが、喜美子がドアを叩いて本人を確認する場面は、緊張の場面でしたが、かつらを被って変装する面白い人で、喜美子が笑う場面は、微笑ましかったです。野菜などの食材の手配や、ごはんの用意で大変で自由な時間がほとんどないですが、お母さん楽しいと手紙を喜美子が書いたので、ホットしました。
「スカーレット 16話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット16話のネタバレはこちら

第16話のあらすじ
信楽では喜美子からマツへ手紙が届いた。喜美子は大阪で大久保からのダメ出しを受けながらもなんとかやっている。この時代はまだ電話が少ないため、荒木荘の電話に他の家への電話がかかってきて取継ぐこともある。喜美子は大久保から電話の出方を教えられ、練習している。一方、信楽では、マツが陽子に喜美子からの手紙を見せている。直子は喜美子がいなくなってから家の手伝いをせねばならず荒れている模様。常治も寂しいようで、毎晩飲み歩いているようだ。常時は酔い潰れ、連れられてきた大野の家で荒木荘に電話をかける。電話に出た喜美子の声に何も答えず無言電話状態に。喜美子が電話を切ると号泣する常治。我慢していたものが溢れ出たようだ。それからすぐに、照子から喜美子に手紙が届く。充実した高校生活を送っているということが書いてあり、信作に撮らせた写真を同封していた。写真をみている喜美子は複雑そうな表情だ。そこに、ちや子が荒木荘に帰宅し、信楽の話になる。喜美子は旅のお供に持ってきた焼き物のかけらを見せる。古い信楽焼には価値があるかもしれないので、ちや子の上司に見て貰ってみてはどうかという話になる。期待に胸を踊らせる喜美子であった。
「スカーレット 17話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット17話のネタバレはこちら

第17話のあらすじ
喜美子は荒木荘の仕事にも慣れてきて、余裕が出てきたので荒木荘の中を住みやすくしようとペン立てを置いたり靴箱にネームを付けたり工夫していたら、それを見た大久保さんからストッキングのほつれの直す仕事を任され、夜な夜なストッキングのほつれの仕事をしていたら、朝寝坊してしまった。大久保さんに朝謝ると、ストッキングのほつれのお仕事が更に一箱追加され、喜美子は忙しい日々を送っていた。寝る間も惜しんでストッキングを直していたのでストレスが貯まってきた喜美子は枕に柔道の技を掛けストレスを発散した。1ヶ月がたって、初めてのお給料が喜美子に渡され喜美子は嬉しそうだった。喜美子は中身を確認すると1000円しか入っておらず何かの間違いじゃないのかと思った。詳しい話を聞いて見ると、大久保さんがいる限り、喜美子は一人前とは認めることができず、大久保さんから初めて巣立ち認められたらお給料が通常の金額が貰え、半人前のままではお給料が上がらないと言われた。部屋に帰ってきて、喜美子は大久保さんがいる限りお給料が上がらないのと、自分を巣立たせないように仕事を押し付けているのかと思って、枕に大久保さんの名前を叫びながら八つ当たりした。
「スカーレット 18話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット18話のネタバレはこちら

第18話のあらすじ
大阪に行って働いている貴美子から給料が全額信楽に届きます。しかし中身は千円だけでした。貴美子は大久保さんに頼まれてストッキングの修復をしていると庵堂さんのが帰ってきて食事の用意をする。そこで貴美子は庵堂さんと下着ショーに一緒に行く約束をする。そして休みをもらい下着ショーに行くためによそ行きの服に着替えて出かけようとするがこの服に合う靴がないことに気付いてまた着替えようとすると庵堂さんが自分の靴を貸してくれる。そして庵堂さんの会社に行き信楽から持ってきた旅のお供を鑑定してもらうと正直わからないと言われてしまい少しの間預かってていいか聞かれる。大学の先生に見せると言われて了承する。その後、下着ショーに行き待合室で貴美子はメイクをしている演者さんにお茶を出す。庵堂さんはさだにインタビューをしていた。そして、下着ショーが始まり演者さんが颯爽と歩いてアピールする。それから、歌える喫茶に行き下着ショーの取材を終えて庵堂さんは記事を書きあげ電話を借りる。そこには雄太郎さんもいて歌っていた。その時、驚いた表情で庵堂さんが帰ってきて引き抜きされたと話し出しそれは貴美子だと言う。そして給料を今の5倍出してもいいと告げられるのだった。
「スカーレット 19話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット19話のネタバレはこちら

第19話のあらすじ
喜美子はちや子が勤める新聞社のお手伝いとして働いて欲しいという誘いを受け、給料の高さから是非その誘いを受けたいと申し出る。喜美子の荒木荘での頑張りが認められたことに、喜美子は嬉しい気持ちになる。喜美子は即決したが、ちや子は住む場所など諸々のことを考えてから決めて方が良いと言うので、その場は新聞社に条件提示をしてからという話になる。喜美子は、新聞社に勤める気になってうきうきしていたが、大久保の喜美子に対する気遣いにも触れ、少し戸惑う。そして喜美子は荒木荘をやめようと思っていることを酒田に話す。酒田は喜美子のことを心配して、喜美子が荒木荘をやめることを反対する。そこにちや子と雄太郎も来て、ちや子から新聞社が条件をのんでくれたことを聞き、喜美子はやはり新聞社のお手伝いとして働きたいという意志を強く持つ。酒田は「結局お金か」と残念そうにするが、喜美子は家への仕送りのことも考えなければならずその旨を伝える。その後雄太郎の発案で、雄太郎が腹痛を起こして喜美子に病院に付き添ってもらうという芝居をして数時間荒木荘を抜け出し、試しに新聞社のお手伝いとして勤めてみることにする。新聞社では慌ただしく皆が働いており、その現場に驚きながらも喜美子はお手伝いとしてやれることをやろうとする。
「スカーレット 20話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット20話のネタバレはこちら

第20話のあらすじ
雄太郎の機転で三時間のあいだ、新聞社でお試しの仕事をさせてもらうことになった喜美子は、目の回るような忙しさの新聞社員たちに驚く。ちや子も男たちと入り交じり、大声を張り上げながら現場に向かっていった。落ち着いた新聞社で上司からちや子の武勇伝を喜美子はしこたま聞かせてもらうのだった。そして一人残っていた社員を見ながら上司は、ちや子はコイツの二倍は働いていてスゴいのだ、と言う。厚い信頼をちや子は受けていると思い、喜美子はちや子を尊敬するのだった。喫茶店で待ち合わせていた雄太郎が何やら嬉しそうなことに気づく喜美子。実は雄太郎が「大阪、ここにあり」という映画に出ることになったのだという。その事を荒木荘で雄太郎はみんなにも話すのだ。さだは、雄太郎のお姉さんに「役がついたんやから言ったら?」というが、「姉さん、怖いねん。」と言って雄太郎は言わないつもりだ。映画俳優ならお金もたくさんもらえるだろうと思う喜美子に、雄太郎は「有名にならなければお金なんてもらえない。」と言うのだった。驚く喜美子だったが、雄太郎は喜美子に「僕、お金よりも夢を選ぶ」というのだった。その言葉やちや子の仕事のあり方、酒田の医者になる夢など、みんなが自分たちそれぞれに好きなもの、仕事があることに喜美子は次第にモヤモヤし始めるのだった。
「スカーレット 21話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット21話のネタバレはこちら

第21話のあらすじ
夜遅く帰ってきたちや子に、自分の気持ちを話す喜美子。ちや子に言われ、自分の人生について、絵を描きながらじっくり考えていたのだ。自分が好きなものを考えると、結論が出ない。お金や新聞社の人も好きだが、荒木荘や大久保のことも好きだからだ。では、自分が嫌いなことは何か考えた時、それは何かを途中で放り出すことだと喜美子はちや子に言う。そして喜美子は、かつて常治と、意地と誇りについて話したことをちや子に教える。荒木荘の仕事がちゃんとできるようになって大久保に認めてもらえるまでは、今の仕事を頑張ると、喜美子はちや子に宣言する。次の日。下着ショーを終えたさだは、1週間の東京出張へ出かけて行った。喜美子の引き抜き話を知っていた他の住人も、喜美子が荒木荘にとどまることを知り歓迎する。一方その頃、信楽の川原家で大事件が起こっていた。家に泥棒が入り、喜美子の給料や直子のお金が盗まれてしまったのだ。常治が雇っていた青年二人が、無断欠勤した上連絡も取れなくなっており、犯人ではないかと疑われる。しかし常治は、お金を返しに来るかもしれないと言い警察を呼ばずに一晩待つ。だが結局、朝になっても犯人は現れなかった。同じ頃、荒木荘の喜美子に信作から電話がかかってくる。直子に頼まれて電話してきた信作は、川原家に泥棒が入ったこと、常治が喜美子に金の無心をするために大阪に向かったことを伝える。
「スカーレット 22話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット22話のネタバレはこちら

第22話のあらすじ
泥棒に入られて、家にあるすべてのお金を持ち去られた常治は荒木荘にいる喜美子のもとにやって来た!信作から常治が喜美子の給料を前借りしにくると聞いていたが、信楽からやって来た常治を前にして「どうしよう?」と戸惑う。大久保は、二人とも積もる話もあるだろうからと二人だけにしようとしてくれるが、喜美子は慌てて大久保を引き留める。そして荒木荘のすべてを大久保から教わっていること、今は社長の荒木さだが東京に行って居ないので、大久保が今は荒木荘を取り仕切っているのだと常治に話すのだ。常治は意を決するものの、お給料の前借りの話をしようとするが、なかなか言い出しにくそうだった。すると大久保が、喜美子の普段の仕事ぶりや喜美子がしているストッキングのほころび直しの話を始めた。実はストッキングのほころび直しは、内職だったのだ!お給料が少ない喜美子のために内職をあてがって、お金を稼がせてくれていたのだ!大久保自身もお給料の昇給がある程度いくと、頭打ちになるのを知り、内職をして弟の学費を稼いでいたのだった。大久保はストッキング一足、12円だったといい、128足分の代金を渡してくれるのだった!喜美子は、常治をすぐそこまで送ってくるといって二人で荒木荘を出た。狭い路地で喜美子は常治にお金を渡し、三年は荒木荘で頑張ると言うのだった。
「スカーレット 23話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット23話のネタバレはこちら

第23話のあらすじ
昭和30年、荒木荘で2年と半年が過ぎた喜美子(戸田恵梨香)もうすぐ18歳になる。大久保(三林京子)の後を無事に引き継ぎ、一人で切り盛りする喜美子。鏡の前で、髪型をセットし、信楽で見つけた、かけらに、「今日こそ」と祈る。信楽で見つけたかけらは、室町時代のものだそうだ。荒木さだ(羽野晶紀)のお世話をする喜美子に、「大久保さんはやってたなあ」と言われるのであった。さだは、独立し、試作品の下着を洗うのも喜美子の仕事になった。必要経費で、洗濯機を購入してもらい、洗濯が楽になったのである。喜美子の悩みは、雄太郎(木本武宏)の家賃滞納。仮装する雄太郎に笑いながら、問い詰めるのであった。荒木荘は、みんなの家賃でまかなわれているという喜美子に、「聞いた」という雄太郎。「聞いたというのは、ちゃんと忘れずにいることを聞いたいうの。」ちゃんと、日雇いでもいいから、働いてほしいと、お願いする喜美子であった。ちや子(水野美紀)から、学校の案内をうけとった、喜美子。決めてはいないが、お金をためて、学校に行きたいのであった。雄太郎がでていくのと入れ替わりに、圭介(溝端淳平)が帰ってきた。ちや子は、圭介に新聞社もきびいしいので、エロい話も載せないといけないという。意見をきかれて、喜美子の前でと困る圭介であった。最近、荒木荘の前で、こわもての男が、犬のフンをするという。圭介が、おこってやろうと、待ち構える中、犬のゴンをつれてやってきたのは、女性であった。きらきらと見えた圭介の恋物語の始まりであった。
「スカーレット 24話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット24話のネタバレはこちら

第24話のあらすじ
喜美子(戸田恵梨香)に照子(大島優子)から届いた手紙には、高校生活のことが、つづられていた。たわいない高校生活であると書かれているが、現実は、信作(林遣都)と、お互い友達がいないと話していたのである。でも、信作は、女子からラブレターをもらっていた。そんな照子も恋をした。しかし、相手の男子には、迷惑やといわれてしまう。手紙には「喜美子、恋と愛の違いについて、あなたは知っていますか。」と書かれているのであった。子供のころにした、いけないことを覚えていますかと。思い出し、首をふる喜美子であった。一方、荒木荘では、圭介(溝端淳平)が、恋をしたといいだす。雄太郎(木本武宏)は、歌える喫茶で働けることになったので一安心だ。夜に働けることになったのだ。さだ(羽野晶紀)から、手に塗るクリームをもらう。安い給金で、よくやってくれると、ねぎらってもらえた。圭介は、食欲がないということで、食事を届ける喜美子。一緒に、月をながめながら話をするのであった。【大阪ここにあり】、雄太郎の映画は、主人公が、ひとめぼれをする話であったそうだ。「あんなあほなことないわ」と、みんなで笑ったのに、圭介に、あんなあほなことがあったというのだ。犬のゴンの持ち主の女性に、恋をしたという圭介。喜美子には、わからないだろうという圭介であるが、口に手をあてて、はにかむ喜美子をみて、「えー経験あるの」と驚く圭介。おにぎりをほうばる圭介に、協力を提案する喜美子。ゴンの飼い主の女性に、喜美子から、話しかけてみようかと提案する。お近づきになるために、圭介の恋が、うまくいくように、応援するというのだ。「うちは、圭介さんの妹やさかい、ほっとけまへん」と、月を眺める二人であった。
「スカーレット 25話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット25話のネタバレはこちら

第25話のあらすじ
荒木荘に秋がやってきた。圭介は近所のゴンの飼い主に一目惚れしてしまい貴美子に相談する。そんな貴美子は町内の人たちと銀杏拾いをしていた帰り歌える喫茶の前でゴンに遭遇してしまう。ゴンの飼い主に荒木荘に招くことを決意して行くと出てきたのは強面の親父さんの方でした。その親父さんの後をつけるとこの前圭介が一目惚れした人がお父さんと言ったので親子だとわかる。そして娘さんの名前があき子であることも知る。早速、荒木荘で圭介に娘の名前があき子であると伝える。すると圭介はあき子という名前がとても気に入って浮かれてしまう。そして、貴美子に次はどうしたらいいと聞いてくる。食事をしていた雄太郎があき子の名前が普通だと話すと圭介が落ち込んでしまう。圭介は貴美子に現実逃避してしまって恋なんて言ってしまったけど恋じゃないと話す。圭介は強がって貴美子にそう語る。歌える喫茶に強面が現れたら貴美子に連絡を入れて二人が会えるように頼む計画を立てる。圭介は本気で惚れたとわかる。ある日、貴美子は歌える喫茶で強面の親父さんと会い圭介とあき子を会わせたいと頼む。すると親父さんは、しかるべき人を立てなさいと言って店を出てしまう。親父さんを追いかけて貴美子は圭介が医学生だと伝えると後日、あき子が荒木荘に来てくれる。
「スカーレット 26話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット26話のネタバレはこちら

第26話のあらすじ
喜美子の言った「い・が・く・せ・い。(医学生)」のおかげで、あき子が酒田に会いに荒木荘にやって来た!あき子に出会える機会を作ってくれた喜美子に感謝する酒田は、思わず喜美子をぎゅっと抱きしめてしまう!男性に抱きしめられたことのない喜美子は、そのことに驚く。荒木荘で楽しく酒田とあき子が話す様子を見ながらも、喜美子は家事をこなしていた。「おはぎ、いかがですか?」と気遣ってすすめるものの、甘いものは好かないというあき子の意見に、甘いもの好きの酒田が同調するのだ!まるで喜美子が勝手に作ってくれるから、仕方なく食べているという酒田の口振りに、喜美子は唖然とする。しかし、笑顔を取り繕い「じゃあ、お茶を入れましょうか?」という喜美子に、あき子は「コーヒーが良いわぁ。」と言うのだ!普段はコーヒーなんてハイカラなものを飲むことのない住人たちばかりなので、酒田と喜美子は少し驚く。それでも喜美子は「また用意しておきますね。」と絞り出すように答えるのだった。「じゃあ、外に食事に行きましょう。もっと話を聞きたいわぁ。」とあき子に言われ、うきうきで酒田は出かけてしまうのだった!それから喜美子はいつもと様子が変わってしまう。そんな喜美子を雄太郎も「さだ」も、ちや子も心配するのだった。みんなが自分のことを何故心配するのか分からない喜美子は、ちや子に理由を聞くのだ。すると、「喜美ちゃん、本当に分からへんの?喜美ちゃん、圭介さんに恋してるんやで。」と言われ、驚きながらも、自分の気持ちの上がり下がりが恋のよるものなんだと知って、「(恋って)面白いなぁー。」と言うのだ!
「スカーレット 27話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット27話のネタバレはこちら

第27話のあらすじ
貴美子は圭介に恋していたとわかり自分の気持ちが色々と変化することを面白がっていた。そして圭介とあき子の付き合いは順調に前に進んでいた。貴美子と圭介も以前よりももっと距離が縮まっていて仲良くなっていた。ある日、貴美子はさだが休みの日に着付けの勉強をしていた。そこへ圭介が今日のデートで何を着ていけば良いか服を見せて貴美子に聞いてくる。着付けの勉強が終わり下へ降りると雄太郎が斬られ役の面接があるからと貴美子にいつものおまじないを頼む。そのおまじないは草間流柔道の掛け声で背負い投げの型をとる。そして雄太郎を送り出しその後、圭介の服を選んであげるがちや子がわざと似合っていない方を選んだねと指摘してくる。圭介は早速あき子に会い歌える喫茶でコーヒーを飲む。そこであき子は圭介に荒木荘を出て一人で暮らしてほしいと頼み込む。理由はいつも荒木荘の話ばかりで嫌なのと貴美子に頼りすぎなところだと話す。あき子は今日の服も貴美子に決めてもらったことも指摘して単なる女中にそんなことまでしてもらうなんて許せないと言うと圭介は単なる女中という言葉に引っかかり腹を立てて怒ってしまう。店を飛び出したあき子を追うと焼きもちだったと言われる。家に帰り圭介は貴美子に荒木荘を出て行くという話をすると貴美子はショックを受ける。
「スカーレット 28話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット28話のネタバレはこちら

第28話のあらすじ
圭介が荒木荘を出てくる日がきた。喜美子も笑顔で見送った。圭介のために作っていたおはぎを食べながら今までの思い出が蘇ってきた。喜美子は泣きながら、恋なんて2度とするものかと固く心に誓い、喜美子の恋が終わった。年の瀬もせまり、喜美子が学校見学のため休みをとったので、大久保が荒木荘に来ていた。さだが大久保に喜美子を一人前だと認めるよう話していた。喜美子を認めたら荒木荘を卒業してしまうと大久保は思っていた。だから厳しいことを言うのだ。そこに喜美子が帰ってきた。喜美子は学業と荒木荘の仕事を両立するつもりだ。それを聞いて、さだと大久保もほっとしたようだ。大久保は帰り道に静かに小躍りしながら喜んでいた。その夜、喜美子はちや子と学校について話していた。喜美子の希望している学校の特別講師ジョージ富士川のサイン会に行くことを勧められる。そこに雄太郎がさえずりのマスターからギターを貰い、喜んで帰宅した。映画の斬られ役は落ちていたそうだが歌って明るい。数日後、ちや子の上司ヒラさんが荒木荘にやってきた。知り合いのお嬢さんの下宿先を探していたのだ。そこでちや子は新聞社は赤字続きだから身の振り方を考えるよう言われるが、ちや子はヒラさんについていくから辞めないと伝える。数日後、喜美子はちや子に勧められたジョージ富士川のサイン会にやって来る。こてこての大阪弁に驚いた喜美子だが、この後さらに驚くことが起きる。
「スカーレット 29話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット29話のネタバレはこちら

第29話のあらすじ
ジョージ富士川のサイン会で貴美子は来年。学校に通って富士川の授業を受けるかもしれないと話すと富士川はまた会えますねと答えてくれる。そして割り込んできた外国人をなだめた人物が草間だと気づき貴美子は喜んでしまう。そして二人は歌える喫茶に行き今までのことを話し合う。すると歌える喫茶に突然さださんがやってきて草間流柔道を貴美子が何度も言っていたのでどんな人か気になって仕事を抜け出してきたと話す。そして一目見れて満足したのかさっさと仕事に戻ってしまう。そして貴美子は話を再開させて今度は草間の事情を聞き出す。すると草間は奥さんの写真を出して奥さんと昔お店を出すことを約束していて生きていることがわかったと話す。すると貴美子は喜ぶがそのあと草間が別の人と店を出していたと語り出し落ち込んでしまう。奥さんは草間が死んでしまっていたと思ったらしく周りのみんなも草間に気を使って教えなかったらしい。それに気づかずに草間はずっと奥さんを探していた。バカみたいな結末だったことを貴美子に謝る。その頃、ちや子の会社では上司の平さんが引き抜かれて辞めてしまい、ちや子は動揺する。草間と食事に行こうとしていた貴美子は草間が小さくなったと感じて何かを思いついてある場所へ行こうと誘うのだった。
「スカーレット 30話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット30話のネタバレはこちら

第30話のあらすじ
草間の奥さんの店に行こうと強引に連れて行く貴美子。草間は店の前で奥さんと相手の男が仲よさそうに話しているのを見て帰ったと話すと貴美子は顔会わせないまんまかと草間を叱る。そんな草間のことを草間流柔道の名に恥じると言い鼓舞する。草間は意を決して行くことにする。殴るかもしれないと話しながら向かう草間を貴美子は止めようとするが夫婦の問題だからと言い貴美子を納得させる。店に入り草間の顔を見た奥さんはとても驚いてしまう。貴美子は離れて座る。草間と貴美子は焼飯を注文する。おもむろに立ち上がった草間を見て貴美子は店主をぶん殴る草間の姿を想像してしまうが取り越し苦労だった。草間は新聞を取っただけだった。焼飯が来て二人は無言で食べる。そして食べ終わった貴美子に奥さんが飴を二つくれる。帰ろうと勘定を払っていると常連がやってきて奥さんのつわりを心配する。店を出ると草間は離婚届を置いてきていた。帰り道、貴美子は貰った飴を食べてもう一つを草間に渡す。草間も飴を食べて貴美子に東京の住所を渡す。貴美子は来年から絵の学校に通うことを知らせて草間流の挨拶で別れる。荒木荘に帰ってきた貴美子は電話で母親が倒れたことを知らされる。
「スカーレット 31話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット31話のネタバレはこちら

第31話のあらすじ
喜美子は荒木荘と両立できる美術学校を決めてきた。そこにお父ちゃんからお母ちゃんが倒れたという電話が入った為、急ぎ信楽に帰ることにした。戻る準備をしている時、ちあこさんが荒木荘に帰ってこないことをさださん達は心配していたが、気にせんでいいから早く信楽に行くようと送り出した。一方信楽では喜美子の為に肉じゃがを作っていたお母ちゃんをお父ちゃんはお前が倒れたんだといい無理矢理布団に寝せた。川原家に向かって歩いていると、女学生達から囲まれている信作に遭遇した。信作は女学生達から手紙を貰いまんざらではない様子だった。それを見ていた喜美子に信作はとても驚いていた。女子高生から付きまとわれていることやいがのおばあちゃんが亡くなったこと喜美子に話した。川原家に到着した喜美子は自宅前の車を見ている時直子にあった。直子は休みを取って帰省したと思っていたが、お母ちゃんが倒れたから戻ってきたと聞き驚いた。自宅にはいった喜美子は、お父ちゃんからテーブルに座るよういわれ三姉妹並んで座り、喜美子は明子の座り方を注意した。そこでお父ちゃんから荒木荘にはもう戻らなくていい、家のことは喜美子に任せた、さださんにも連絡したと言われたが、お母ちゃんが奥から出てきてお父ちゃんを止めた。元気なお母ちゃんを見た喜美子は喜んだがお母ちゃんから倒れたというのは喜美子を帰らすためにお父ちゃんがついた嘘だと教えられた。お母ちゃんの体調を思ってからの嘘だったが、喜美子は明日大阪に戻る反発した。その夜、台所の片づけをしている時、お母ちゃんに荒木荘のことをほっぽり出すことはできないから明日大阪に帰るといった。肉なし肉じゃがだけど食べさせたかったと言うお母ちゃんに仕送りあるのに何故肉がなしなのか、お父ちゃんの仕事がどうなのか、オート三輪を買ったのか等質問したが、もう寝なさいとお母ちゃんはいい喜美子はうつむいていた。
「スカーレット 32話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット32話のネタバレはこちら

第32話のあらすじ
喜美子は父から電話をもらって信楽に帰ってきた。父は大阪に帰らなくていいと話をした。喜美子は宴会の手伝いをして後片付けをしていると母がやって来て、「残りは私がやるから。」と、話すが最後まで手伝った。母は喜美子に「肉じゃがを食べさせたい。肉は入ってないけど。」と、言うと喜美子は仕送りの話をするが母は何も言わなかった。母は喜美子に早く寝るように言うが喜美子が話したいことがあると言って話を始めた。母は喜美子の話を聞いて結婚の話かなと勘違いした。喜美子は母に写真を見せると言って部屋から写真を持ってくると父が目を覚まし一緒に話を聞くことになった。喜美子は大阪で働きながら絵の勉強をしたいことを伝えた。父は反対した。翌朝早くに喜美子は家を出ると一番下の妹がお母さんの薬を貰うから途中まで一緒に行くと話すが喜美子が薬は持ってくから学校に行きなさいと言うが、直子がやって来て行くように促した。喜美子は直子が何か隠している事に気がつき聞き出そうとするが話さなかった。信作が通りかかり妹達が話を出来ないことを信作の口から聞いた。病院からもらっている薬のお金を支払っていないことを聞かされ、喜美子は驚きを隠せなかった。
「スカーレット 33話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット33話のネタバレはこちら

第33話のあらすじ
喜美子が大阪に戻ろうとすると、妹の百合子が学校へも行かずに病院に行こうとしていた。訳を聞いても答えない。そこへ直子も現れ、余計なことだから言わないと言い張る。そこに信作が通りかかり、自分の口からなら話してもいいだろうと言い、喜美子に事情を説明する。喜美子の実家ではマツの薬代も払えないほど病院のつけがたまっていることを聞かされる。子どもが代わりに薬をもらいに行けば、支払いを見逃してくれるから、百合子が行くのだと。喜美子は代わりに薬代の一部を払い、実家に戻る。そして、借金がどのくらいあるのか計算する。あまりの額の多さに思わず笑い声をあげてしまう喜美子とマツだった。川原家の家計は、常治が働いてもマツが内職をしても回っていかないのだ。喜美子は、大阪に戻ったら自分の内職代からもう少しお金を送るからと言う。そして、マツがお父さんの常治と出会った時のことをきく。いがくせい(医学生)の五文字が効果があるようだけどお父さんは何文字だった、と聞く喜美子。マツが答えようとすると、いがくせいとは全然違うので、もういいと笑った。そして、幼馴染みの照子の実家の丸熊陶業で、若い事務員を雇う予定があることを知る。常治が喜美子を大阪から引き上げさせ、丸熊陶業で働かせたがっていることを聞く。喜美子を進学させずに無理やり大阪に行かせたことを悔やみ、信楽で家族みんなと暮らせるようにと思っているのだ。一方荒木荘では、常治が「モウモドラナイ」「ニモツオクレ」などの電報を勝手に送ったため、みんなが動揺していた。大久保が喜美子の荷物をまとめると、そこへ喜美子が帰ってくる。
「スカーレット 34話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット34話のネタバレはこちら

第34話のあらすじ
喜美子はこれからのことを考えつつ、信楽から大阪に帰ってきた。大阪での暮らしを続けるか、信楽に帰るか、最後の最後まで考え続けた。その夜、さだと雄太郎と大久保は静かに喜美子の話を聞いてくれた。喜美子は学校に行くために貯めたお金を借金にまわし、信楽に帰るということを話した。みんな悲しいながらも納得してくれたようだ。喜美子は「大久保にしかできない」と言った初日から大久保に認められていたことも知った。引継ぎをしてから帰ると言った喜美子に、大久保が引継ぎを代わってくれことになり、すぐに信楽に帰ることとなった。雄太郎は泣きながら2階にかけ上がり、ギターとカツラを取ってきて泣きながら別れの歌を歌った。翌日、さえずりのマスターにもお別れを言って、雄太郎からちや子が新聞社を辞め、荒れてしばらく実家に帰っていることを聞く。喜美子はちや子に手紙を書いて雄太郎に託した。雄太郎は売れたら喜美子の父はにオート三輪をいくらでも買ってやると言った。喜美子にも何か買ってくれるそうだ。喜美子は妹のためにテレビジョンが欲しいと言った。そして、雄太郎に信楽太郎という芸名をつけ、笑顔で別れた。こうして喜美子は大阪から離れたのだ。ちや子が戻ったのはそれからしばらく後のことだった。雄太郎から喜美子の書いた手紙を渡されたちや子は手紙を読んだ。手紙と一緒にちや子の食べていたお茶漬けのレシピが書いてあった。自分でそのお茶漬けを作りながら号泣するちや子であった。
「スカーレット 35話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット35話のネタバレはこちら

第35話のあらすじ
喜美子は自分の道を自分で選び荒木荘での生活に別れを告げた。喜美子の早い帰郷に両親は驚いていた。喜美子はこれから常治がお酒を飲むのは週3日にすることを決めた。常治は「大阪に帰れ」と怒鳴り、「もう帰らへんよ。うちの家はここや」との喜美子の言葉に見えないところでジタバタと喜んでいた。喜美子が帰ってきた川原家の夕食は賑やかだ。その時、直子が中学を卒業したら東京に行くと言い出した。喜美子はやりたいことがあるのか尋ねる。現実を突き付ける喜美子に直子は不満顔だが喜美子の言うことは聞いていた。年が明けてしばらくすると、丸熊陶業で雇ってもらえる手筈が整い、喜美子と両親の3人で挨拶に出向いた。そこで照子は京都の短大へ進学することを聞く。そして、社長から仕事の説明を受けた。働きたくてうずうずしていた喜美子は、すぐにでも働けるよう社長にお願いした。そして、丸熊陶業での仕事の初日がやってきた。食堂では喜美子の他に八重子と緑が働いている。食堂の仕事は昼食の準備と1日に何度か替えるお茶の準備だけ。忙しいのはせいぜい1、2時間で荒木荘と比べるとやりがいの少ない仕事だ。喜美子は食堂で沸かしたお茶を配っている途中に見た火鉢の柄に心を奪われた。絵付け係の作業場にお茶を持って入った喜美子は今までにない初めての光景に目を奪われる。そこに戻ってきた親方に関係者以外立ち入り禁止だと追い出された。その夜、絵付けの様子が思い出され、なかなか眠ることが出来ない喜美子であった。
「スカーレット 36話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット36話のネタバレはこちら

第36話のあらすじ
丸熊陶業で絵付けの仕事を見てから夜貴美子は眠れずにいた。横を見ると直子も何かを考えていて眠っていなかった。貴美子は直子に眠れないのか聞くと、怖い夢を見たという。空襲で直子は貴美子に置いていかれてしまったと話す。すると横の百合子も起きてしまい三人で話す。何か楽しいことを考えて眠ろうと提案すると直子が楽しいことがないと言って貴美子を困らせる。好きなものはと言うと直子はゆで卵が好きだと言ってゆで卵に囲われる夢見たらいいというと笑ってしまい眠りに着く。しかし貴美子だけはなかなか眠れずに絵付け師のことを考えてしまう。翌日、貴美子の職場に照子が来て楽な仕事にしてあげてと父親に頼んでいたことがわかる。だが貴美子は仕事は大変な方が面白いと話す。そして絵付けのことを照子に聞く。そこへ信作が来て一緒に絵付けの作業場に行き色々と物色してしまう。すると絵付け師の城崎がやってきて丸熊陶業とは手を切ったことを告げる。帰りに貴美子は信作と話しながら考えていた。そして丸熊陶業に戻り照子に絵付けの仕事をやりたいと話す。照子は熱意に負けて父親に話してくれると言う。翌朝、絵付けの作業場に行くと見知らぬ男性が貴美子を待ち構えていた。
「スカーレット 37話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット37話のネタバレはこちら

第37話のあらすじ
喜美子は「絵付け」という新しい道を見つけて、期待に胸を膨らませる。次の日に、絵付け係の現場に行くと、誰やら老人が中にいた!喜美子は中に入ったものの、その老人に追い出されてしまうのだった!新しい絵付けの職人を雇ったと同僚から聞き、大熊陶業の社長である、てる子の父親に話を聞きに行く。すると絵付け係の現場にいたのは深野心仙という有名な日本画家だとおしえてもらうのだった。てる子の父親に連れられて、深野に挨拶に行くと喜美子を弟子としてとってくれると簡単に了承してくれる。深野が連れてきた弟子たちもみんな先生が良いんだったらなにも問題はないと、笑顔でむかえいれてくれるのだった。喜美子はとても喜び、てる子の父親も良かったなぁと安心した。早速喜美子は一つの火鉢を自分用にもらった。そして一番弟子・イケノウチに指導され、練習させてもらったのだ!嬉しくて仕方のない喜美子。絵付けを見よう見まねでしていくと、イケノウチと二番弟子イソガイは「器用やなぁ。初めてにしては上手いなぁ。」と誉めてくれるのだった。一方で喜美子の母親・マツは大野の家に行っていた。喜美子が借金の返済にあててくれたお金の分を貯めて、夢であった美術学校に喜美子が通えるようにしてあげたいのだ!しかし家に置いておくと常治がお酒に変えてしまうので、預かって欲しいと言っていたのだった。
「スカーレット 38話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット38話のネタバレはこちら

第38話のあらすじ
陶芸の絵付けに夢中になるあまり、帰宅が遅くなった喜美子。家の中に入った喜美子は、部屋を見て唖然とする。お茶椀もお皿もあちこちに飛び散り、それを母親が片付け、百合子は部屋の隅で足を抱えて泣いていた。喜美子は百合子を慰めながら話を聞くと、父が怒ってちゃぶ台をひっくり返したという。そして外で風呂を沸かす直子は、先ほどのやりとりを振り返っていた。酔っぱらった父は「喜美子!」「風呂!」とわめきながら帰宅。その態度にイライラした直子が「うるさい!」と言うと、父が怒ってちゃぶ台をひっくり返してしまったのだ。そんな直子のもとに喜美子がやってくる。「もっと早く帰ってきて」という直子に謝る喜美子だったが、直子は「家事もお父ちゃんもみんな大嫌いや!」と言ってその場を立ち去る。その夜、母と話をする喜美子は、3姉妹それぞれの名前の由来を聞く。直子は素直の「直」からつけたという母に、喜美子が「素直ではないな」というと、「本当は甘えんぼさんや」と笑う母だった。次の日、絵付け部屋で深野先生に「食堂の仕事があるので、朝だけ絵付けをさせてほしい」と頼む喜美子だが、深野から部屋を追い出されてしまう。そこに絵付師の弟子二人がやってきて、「また遊びにおいで」と喜美子に声をかける。自分がしたのは絵付けの仕事ではなく体験だったことを知った喜美子は、改めて深野と話をするが、「朝から晩までずっと修行」「無給で休みもない」と話を聞き、自分の甘さを思い知らされる。喜美子が食堂での仕事に戻ると、同僚から「お茶飲んでおしゃべりして適当に楽しくやっていこう」と言われ、曖昧な笑顔をみせる喜美子。とぼとぼ帰路につくと、シャボン玉で遊んでいた百合子が「お客さんや」と教えてくれる。そこに立っていたのは、ちや子だった。思わぬ再会に、満面の笑顔になる喜美子だった。
「スカーレット 39話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット39話のネタバレはこちら

第39話のあらすじ
絵付けの仕事の厳しさを知った喜美子。そんな喜美子の家に、ちや子がやって来た。「大久保さんが持たせてくれた」というお茶をいただきながら、喜美子はちや子の新しい仕事の話を聞くことになる。今は婦人雑誌の仕事をしているちや子は、現在、琵琶湖に建設予定の大きな橋の取材をしているという。「建築から完成まで何年かかるか分からないけど、夢のある話」「ぜひ取材したい」と思ったが「女だから」と断られたこと、でもどうしても取材したかったこと、懸命に掛け合ってやらせてもらえることになったこと。そんな話を聞きながら、ちや子の表情はだんだん曇っていき、ついには大泣きしてしまう。そんな喜美子に驚く母と妹達。泣きながら「絵付けがしたかった」「でもうちには時間もお金もないから無理」と胸の内を語る喜美子。「終わった話や」と泣き続け、お茶を飲んでは泣き続け、そして夕方。玄関先で「次も泣かしたる」とちや子が笑うと、「次は泣かないようにがんばる」と返す喜美子。ちや子を見送る喜美子の顔は、どこかスッキリしていた。その日の夜、「米屋の三男坊が婿に来てくれる」と上機嫌の父。「風呂を沸かせ」という父の言葉に、「自分が沸かす」と直子が席を立つ。そんな直子に驚く両親。風呂を沸かす直子の元に、喜美子がやってくる。直子が絵付けについて尋ねるが、喜美子は「忘れた」とそっけない。そして「父に水で薄めた酒を飲ましてやろう」と悪戯っぽい表情で笑う喜美子。「ばれるよ」と楽し気に笑いあう直子と喜美子だった。次の日、照子から「絵付けはもういいの?」と聞かれた喜美子。そこに絵付けの弟子二人がそっと部屋を出てくる。集中する深野を邪魔しないためだという。春から京都に行く照子に、喜美子が「今度ゆっくり会おうか」とほほ笑む喜美子。絵付けへの情熱を忘れようと頑張っている喜美子だった。
「スカーレット 40 話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット40話のネタバレはこちら

40話のあらすじ
朝、喜美子が絵付係にやかんを取り替えに行くと、お弟子さんたちが先生の集中の邪魔にならないように、そっと出ていくところだった。火鉢に向かう深野先生。くしゃみをしたりうなり声のような声を発している。喜美子がそっと近寄ると、先生の驚くべき姿を目にする。一方、喜美子の絵付への思いを知ったマツは、何とか絵付を習わせてあげたいと考え、週一回、絵付を教えてくれる会社を見つけた。まずは電話をしてみようと、ためらうマツのかわりに陽子が電話をかけた。そこへ、信作がまた女の子を連れて帰ってきた。陽子の表情が強ばり、男の子は何を聞いても「あー」と言うばかり、親と話そうとしなくてつまらんと嘆く。そしてマツは絵付けを習わせる話を、「お父ちゃんにはお母ちゃんが言うてやる」と意気込んでいた。そこへ常治が、喜美子のお婿さん候補をいきなり連れてくる。話がみえない喜美子たちの前でその男性は、「他の人と早く結婚したいから、喜美子さんの気持ちには答えられない」と言ってさっさと帰ってしまった。拍子抜けした常治だったが、結婚はしないと言い張る喜美子と言い合いになる。気を取り直してマツはお酒をすすめながら、常治に絵付の話を言い出す。案の定、常治は怒り、おまけに喜美子たちが、いたずらでお酒のビンに入れた水を飲まされたものだから、大変。またテーブルをひっくり返そうし、必死に押さえる喜美子だった。常治に承諾を得るのを失敗したマツに、喜美子はおかげでやりたいことがはっきりしたと言う。みんなでおはぎを仲良く4等分して味わいながら話を始める喜美子、さてその決意とは。
「スカーレット 41話のあらすじ(Click Here)

▷スカーレット41話のネタバレはこちら

41話のあらすじ
お母ちゃんのお陰で自分が何をしたいのかがわかったと喜美子は言う。そして丸熊陶業にいる絵付け師の深野心仙という人物について喜美子は語り始める。深野が絵付けに熱中しているときは見ない方が良いと、深野の弟子たちに言われていたが気になって、つい見てしまったのだと言うのだ!「どんな感じやったん?」と興味津々でマツや直子たちは喜美子に聞く。すると喜美子は、深野が絵を描きながらアホみたいな顔で描いていたと言い、深野の顔真似をしてみせるのだ!「なんやそれ!アホみたいやん。」と直子たちは笑うのだ。しかし喜美子はなぜそんなアホみたいな顔になるのかを深野から教えてもらったと言うのだ。深野は昔に絵付け師として大変な賞をもらっていて、有名な日本画家だったという。しかし戦争が始まり戦争の絵を描くためだけに戦地に行かされたのだ。そのときに見た兵隊たちの鬼気迫る感じ、人と人との殺しあいがあまりにも悲惨でショック過ぎて、戦後には絵を描けなくなってしまったのだ!しかしそれを変えてくれたのが、絵付け火鉢だったのだ!暖をとるための火鉢に絵を描く必要もないのに、絵が描かれているのを見て、心底本当に戦争は終わったのだ!と実感出来たのだと深野から聞いたと言うのだ。そうしたら絵付けの仕事に猛進出来るようになり、絵付け火鉢をみると、その前で人が暖まり、絵を見ていると思うと嬉しくて堪らなくてアホみたいに笑ってしまうという話を聞いたのだと言うのだ。そんな深野を見て喜美子は「決めた」のだ。深野のように絵を描きたい、楽しんで描きたい!と思ったのだと、喜美子はマツたちに話す。絵付けをしたいのか、絵付け師になりたいのかは分からないが、そんな深野についていきたいと思ったのだと、マツたちに告げるのだった。その頃、常治は飲み屋で一杯呑んでいた。その横には深野の姿があった!

キャスト

戸田恵梨香

北村一輝

富田靖子

桜庭ななみ

福田麻由子

佐藤隆太

大島優子

林 遣都

財前直見

マギー

水野美紀

溝端淳平

木本武宏

羽野晶紀

三林京子

西川貴教

松下洸平

イッセー尾形

他、

◾️スカーレット公式SNS

Twitter

Instagram

☆ドラマをお得に視聴するならVODの利用がおすすめです☆

U-NEXT(NHKオンデマンド)の視聴はこちらから
〜U-NEXT(NHKオンデマンド)公式サイトへ移動します〜

配信状況・変更・終了などの確認は各VODサービスでお願い致します。

ドラマ・映画を無料で楽しむ!おすすめVODランキング

U-NEXT
動画配信数は業界最大級。

動画配信ジャンルも多岐に渡っており、中でも NHKドラマの見逃し配信は人気の動画。

そして、最大の特徴は電子書籍も同時に楽しむことができるところ。

単一のアプリで動画も漫画も楽しめるので、スマホでの操作性が抜群にいいです。

電子書籍が楽しめる分、月額利用料金は少し高めですが、通勤通学にとても便利なVODとなっています。

月額利用料金1990円(税抜き)
無料期間/無料ポイント31日間/600pt
おすすめ特典電子書籍見放題あり・動画配信多数
継続利用をすると翌月は1200ポイントが貰える特典もあります。

ポイントは最新の映画の視聴や有料電子書籍の購入にも使えます。

Amazon FireTV、Chromecastにも対応していますので、ご家庭のテレビでも視聴が可能です。

4デバイスまで同時視聴が可能となっているでの、ご家族での利用がおすすめです。

U-NEXTの無料視聴はこちら

Paravi
TBSテレビ・テレビ東京で放送されたドラマやバラエティー・アニメ作品を見るならParaviがおすすめです。

また、WOWOWで配信されたドラマ他も視聴できるのはParaviの最大の特徴とも言えます。

メインコンテンツは定額型動画配信ですが、新作映画やTBS系列以外のテレビ作品は課金をして視聴することもできます。

毎月もらえる300円分のチケットを利用すればこのような作品もお得に視聴することができます。

月額利用料金925円(税抜き)
無料期間/無料ポイント30日間/300pt
おすすめ特典WOWOW作品・ベイスターズ戦配信
利用登録をすると300ポイントが貰えます。

ポイントは見放題作品以外の動画コンテンツに使うことができます。

業界では後発の動画配信サービスですが、既に10,000本に迫る動画を配信中。

Paravi独占配信もあるので、まずは無料のお試し期間だけでも利用してみてはいかがでしょうか。

Paraviの無料視聴はこちら

FOD

フジテレビ系列のドラマの配信なら「 FOD」です。

フジテレビ系列の番組に強く、ドラマ作品は多くの独占作品を配信しています。

電子書籍は100冊以上が読み放題となっており、動画以外のコンテンツも充実です。

1ヶ月間無料のお試し期間と登録初月から1300ポイントがもらえます。

サービスの充実度は現在のところ業界トップといえるかもしれません。

月額利用料金888円(税抜き)
無料期間/無料ポイント1ヶ月/1300pt
おすすめ特典フジテレビ系ドラマ最新話無料視聴・電子書籍見放題あり

フジテレビ系列のドラマは独占配信作品も多数あります。

スポーツ・バラエティーなど多数ジャンルを配信しています。

追加料金を支払うとFOD専門チャンネルの視聴も可能です。

FODの無料視聴はこちら

Hulu
追加料金なし。定額見放題、と言えばお馴染みのHuluです。

日本テレビ系列のテレビドラマの最終回からのスピンオフ作品を配信して、一気に知名度をあげました。

日本ではいち早くVODサービスを展開し、老舗とも言える存在ですね。

無料ポイントや無料お試しの期間が少し短いです。

見たい動画をピンポイントで視聴するのがおすすめの利用方法です。

月額利用料金933円(税抜き)
無料期間/無料ポイント2週間/なし
おすすめ特典定額見放題あり・ジャイアンツ戦配信

日本テレビ系列のドラマや海外ドラマに強いHulu。

独占配信のドラマも多数配信しているので、ドラマ好きの方にはおすすめです。

定額制なので、最新動画の配信数はやや少なめです。

Huluの無料視聴はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です